調査日: 2014年 7月28日

0101 六甲全山縦走路(須磨浦公園駅〜鵯越駅)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
0101   ・須磨浦公園駅〜鵯越駅(ひよどりごえ) 11.2  ・山陽・須磨浦公園駅〜旗振茶屋〜須磨アルプス〜妙法寺〜高取山〜市街地〜神鉄・鵯越駅


コースの概要

六甲全山縦走路(須磨〜宝塚)を、

0101(須磨浦公園駅〜鵯越駅)、0103(鵯越駅〜市ケ原)、0105(市ケ原〜JR新神戸駅)、

0107(市ケ原〜六甲山記念碑台)、0109(六甲山記念碑台〜東六甲縦走路入口)、0111(東六甲縦走路入口〜宝塚駅)の6ルートに分けて紹介します。


0101ルートは、須磨浦公園から高取山・丸山登山口に至るアップダウンが続く山道、それ以降の市街地を通り抜けて、神戸電鉄の鵯越駅に至るルートです。

途中には、毎日登山の旗振茶屋や高取山、栂尾山の約350段もある階段道、須磨アルプスの露岩地帯や馬の背など変化に富んだルートが展開します。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタコードをクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






山陽電車「須磨浦公園駅」を分岐点とします。

当駅に、特急電車は停車しませんので、

特急停車駅「須磨駅」又は「垂水駅」で、普通電車に乗り換えてください。
















改札を出て、右折します。

自動販売機の前を通り、西に向かい、

陸橋「敦盛橋」を渡り、山辺に向かいます。
















橋を渡ると、石造りの階段があります。

「鉢伏山」山頂を目指します。


















幅広の石段道を道なりに辿ります。




















石階段道の途中にある石碑です。

「鉢伏山頂」を目指します。
























歩幅の合わない階段です。

階段端の帯状の所を歩くと疲れは少なくて済みます。


















急こう配の石段の途中、樹木がない処もあります。

振り返ると、須磨から明石までの絶景が望めます。

「明石大橋」が見えます。
















階段の勾配が段々とキツクなってきます。

振り返ると、海に落ち込みそうな気がします。
























急坂を上りきると、休憩所兼展望台に着きます。

スタート地点から此処まで、約20分です。


















須磨の「海釣り公園」が直下に見えます。

この写真は望遠で撮っています。


















さらに少し上ると、「須磨浦ロープウエイ」の「鉢伏山上駅」に着きます。

眼下に、須磨海岸一帯を広く見渡せます。

分岐点から此処まで、約25分です。
















「鉢伏山上駅」をでて、再度、石階段を上ります。




















石階段を上りきると、平坦な土道になり、

直ぐに、右手に標識があり、下っていく踏み跡があります。

6901(須磨背山散策路:山腹道)ルートで、山腹をトラバースしながら、

「妙見堂跡」方面に至ります。

当ルートは直進します。












石階段がありますが、階段右手の方が、自然の歩幅で歩けます。




















幅広の道を上ると、「旗振茶屋」(253m)に着きます。

旗で米の相場を伝えた由来から山名がついたようです。

六甲山系には、岡本にも旗振山があります。

スタート地点から此処まで約35分です。














茶屋の前に立って、西の方向を撮りました。

旗のすぐ右手に階段があります。

階段を分岐点に、JR塩屋駅に向かうのが、6903(塩屋〜旗振山)ルートです。
















旗振茶屋からの展望です。

明石大橋が直ぐ近くに見えます。


















旗振茶屋を出て、尾根道を東に進みます。

縦走ルートは道も広く、良く整備されています。

標識のない直ぐの分岐は、右に進みます。
















丸太で砂止めされた階段道を下っていきます。


























茶屋の前を東に進むと、右手足元に石碑があります。

石碑の左手に踏み跡があり、標識もあります。


















踏み跡の入口にある標識です。

前の写真の石碑に示す「内裏跡」に向かうのが、

6929(義経道)ルートです。

尾根筋、「安徳堂」を経て、須磨浦公園の東部に至ります。














馬の背道を進みます。




















「鉄拐山」(234m)への分岐点です。

鉄拐山の山頂は眺望がないので、写真左の平行道を選びます。


















階段道を下ります。

階段道の右手に、獣道のように踏み跡があるので、それを辿ります。

踏み跡の方が、ドンと降りなくても済みます。
















おらが山・「おらが茶屋」に到着です。1Fにトイレット、自販機があります。

分岐点から此処まで、約60分です。


















「おらが茶屋」をでると、直ぐにコンクリート階段が始まります。

一旦麓に下り、写真奥に見える団地内を通り抜けた後、

正面に見える「栂尾山」の階段を登ります。
















急降下する階段、約320段ほどあります。




















階段を下りきり、団地と結ぶ陸橋を渡ります。




















道なりに進むと、スーパー、喫茶店、郵便局、派出所などがある

広場に至ります。


















9時開店なので、不足品の買い物に便利です。




















スーパーの前を通り過ぎ、写真左の銀行の建物前を通り、

正面に見える山に向かいます。


















再び、陸橋を渡ります。

写真前方の突き当たりで左折し、階段に向かいます。


















陸橋の先で左折し、山腹沿いに平行道を少し進みます。




















分岐点から約70分、コンクリート階段の始まりです。

この階段を何度も経験しましたが、

階段を上りきる要領は、上を見ないこと、100段数えるまで頑張り、息継ぎ休憩をとることでした。

階段は連続でなく、8つのブロック、踊り場に分かれており、合計350段ほどあります。




















途中で振り返った時の情景です。

急勾配の階段、照りつける太陽、カラカラになる喉、

何度登っても、全く同じことの繰り返しです。
















コンクリート階段が終わっても、丸太階段が少しあります。




















階段を上り切り、「栂尾山」展望台の手前にある標識です。

写真左の丸太の階段道は「栂尾山」へ、写真右には平行道があります。


















前の写真、中央付近にある標識の拡大です。

写真右端を奥に進むと、6919(栂尾山南尾根)ルートで、尾根筋を下り、

水野町バス停を経て、山陽電車「月見山駅」に至ります。
















丸太階段を上りきると、展望台に着きます。

スタート地点から此処まで約85分です。

















展望台に上る階段の登り口にある標識です。

「栂尾山頂」(とがのおさんちょう:274m)です。





































展望台から見た景色です。

写真中央奥に「淡路島」、その手前に、「鉢伏山」が見えています。






淡路島と、その手前に、明石大橋が見えています。(望遠撮影)




















少し進むと、峠のような場所があり、右折する幅広の斜面があります。

6965(水野谷左俣〜六甲全山縦走路)ルートの分岐点で、谷筋を下り、

山陽電車「月見山駅」方面に至ります。

当ルートは、直進します。














更に少し進むと、写真のような標識があります。

水野町の示す方向に進むと、6917(水野谷左俣)ルートの分岐点で、

「須磨の銘水」を経て、「水野町」方面に至ります。
















上りの丸太階段が続きます。


























「横尾山」(312m)山頂です。

ここから、「須磨アルプス」に向けて、下っていきます。

分岐点から此処まで、約110分です。
















露岩を下っていきます。

鎖場になっています。


















露岩地帯に分岐点があります。

当ルートは、写真中央を下って、須磨アルプスに向かいます。

写真右手に斜面を上がる踏み跡を進むと、6927(水野谷中央尾根)ルートで、

水野谷の西の尾根筋、水野町を経て、山陽電車「月見山駅」に至ります。















「須磨アルプス」と呼ばれる露岩の尾根筋です。

ルートは、急な下りが続き、底についてからは、急な上りとなります。

視界を遮る樹木が全くない状態が、しばらく続きます。















滑りやすいところ、危険なところには、

階段と、てすりがあります。


















須磨アルプスの最も低い処にある標識です。

標識を分岐点に、谷筋を下り、水野町を経て、山陽電車「月見山駅」に至るのが、

6915(水野谷右俣)ルートです。
















後ろを振り返って撮りました。

中央付近に下ってきた鉄階段が見えます。


















名勝「馬の背」の標識があります。

分岐点から此処まで、約120分です。


















幅が30cm程度、露岩の馬の背道が10数mつづきます。

一方通行でしか通れません。

道の両端が切り立っており、いつも「へっぴり腰」で通り抜けています。
















階段道を上がっていきます。




















再び露岩地帯を通りますが、露岩の左右には樹木があります。




















岩場を無事に通り抜け、しばらく進んだ、上り坂の手前です。

中央に標識、その右横に踏み跡があります。

6921(水野谷東尾根)ルートで、尾根筋を経て、

水野町、山陽電車「月見山駅」方面に至ります。

当ルートは、写真左側の丸太階段を上がります。

分岐点から此処まで、約130分です。










キツイ丸太階段です。


























須磨アルプスをぬけると「東山」(253m)です。

分岐点から此処まで、約135分です。

写真右の案内板に、東山の由来が説明してあります。

当ルートは、案内板を右に見て、写真左手奥から急階段を下ります。

「妙法寺」に向かう標識があります。












案内板を左に見て、写真中央を奥に下っていくのが、

6909(東山:板宿八幡神社経由)ルートで、山陽電車「板宿駅」に至ります。

当ルートは、案内板の手前で左折します
















妙法寺に向かう急階段を振り返って撮りました。

東山からの直ぐの下りは、階段の幅が狭く、段差もあるので、

恐怖を感じる程です。前のめりにならないようにご注意。

少し見にくいですが、階段の左手にトラロープが見えます。

低い位置にあるロープなので、あまり役に立ちません。












急な丸太階段を下ってくると、傾斜の緩やかなジグザグ道になります。

当ルートは、写真の標識で左折しますが、

直進し、階段道を経て、板宿方面に向かうのが、6911(横尾道)ルートです。
















更に下ってくると、住宅街との接点です。

標識「←妙法寺駅・高取山・(六甲縦走路)」で左折します。

分岐点から此処まで、約150分です。
















前の写真の標識で左折すると、横尾地区に入っていきます。

写真手前の鉄杭をぬけて直進し、写真の突き当りを左折し

舗装道を道なりに進み、住宅街をぬけます。
















標識に従い、右折します。




















「横尾2丁目」バス停の前を通り過ぎます。



























鉄のフェンスに沿って下っていくと標識があります。

標識で右折します。


















直ぐに階段道になり、高速道路と地下鉄線路をくぐり抜けます。



















道なりに歩いていくと、「妙法寺」の門前です。




















分岐点から此処まで、約165分です。

門前を直進します。
























十字路になっており、信号があります。直進し、上り坂を進みます。

左側にガードレールがありますので、危険を避け、左側を歩きます。

















道路の左側にある右折標識を見落とさないようにしてください。

交流量の多い道を横切ります。横断注意です。

住宅地に入っていきます。
















前の写真の右折標識で、道路を横断する前に撮りました。

大きな樹が2本あるのが目印です。

分岐点から此処まで、約175分です。
















前の写真左手の電柱に、「六甲全縦」の標識があります。




















住宅街を暫く進むと、公園、水飲み場があります。




















公園から少し進むと、道が下り先になり、

写真中央奥の駐車場が見えてきて、右手の石垣が途切れる処で左折します。


















左折する処の電柱に「六甲全縦」の標識があります。

写真右手の消火器も目印です。

細い舗装道を登っていきます。
















上り切った処が、「野路山公園」です。

写真右端、グラウンドのフェンス沿いに進みます。

分岐点から此処まで、約180分です。
















フェンスが尽きると、直ぐに山に取り付きます。

丸太階段道を上がります。


















山に入ると、直ぐに分岐があります。

6711(高取山:堂の下)ルートの分岐点で、「堂の下」バス停に至ります。


















高取山・山頂に向かって登りが続きます。




















露岩地帯もあります。

急坂が続きます。
























「三級基準点」があります。

分岐点から此処まで、約195分です。


















振り返ると進んできたルートが見えます。

写真中央よりやや左の茶色く見える処は、「須磨アルプス」、

写真中央は、横尾の市街地、

写真左下の灰色は地下鉄です。














休憩ベンチがあります。




















休憩ベンチの直ぐ先に、雨で抉れた道があります。

急坂が続きます。


















急坂も終わりかけて、緩やかな坂になります。

此処は標識もなく、明確な目印もありませんが、分岐点です。

振り返って撮った写真です。

写真の左奥に踏み跡があります。

写真中央付近には、高さ50〜60cm、幅1m50cm程度の盛り上がりがあり、

盛り上がりを一周できるような場所です。

6709(高取山:口の川)ルートで、「口の川」バス停に至ります。








道は平行になり、荒熊神社の前を通過します。

左折して石段を登ると、絶景が楽しめます。

当ルートは直進します。
















石階段の直ぐ先にある標識の拡大です。

6707(高取山:禅昌寺)ルートで、尾根道を経て、「禅昌寺」バス停に至ります。

分岐点から此処まで、約215分です。






















平行道を少し進むと、石鳥居が見えてきます。




















「高取神社」の石鳥居です。

石段を登ると市街地と海が一望できます。

分岐点から此処まで約220分です。

石段からさらに市街地に向かって下っていくと、「大灯篭」があります。

6713(高取山:禅昌寺東尾根)ルートは、

大灯篭から尾根筋を経て「禅昌寺」の近くに至ります。




























石鳥居に隣接する境内から見える神戸市街地です。






石鳥居から東に進み、境内を横ぎる道がありますが、六甲全山縦走路ではありません。

正しいルートは、石鳥居前の階段道を降りていきます。

この写真は、石鳥居前の階段道の途中で振り返って撮りました。






















階段道を下りると、標識があり、2分岐しています。

当ルートは、標識で左折します。

標識を分岐点に直進するルートは、6713(高取山:禅昌東尾根)ルートで、

「大燈籠」、尾根筋を経て、6707(高取山:禅昌寺)ルートに出合います。














前の写真右端の標識の拡大です。

「大燈籠へ、30M」の表示があります。

当ルートは、「← 丸山・長田方面」に進みます。






















神社境内を支える石垣に沿って進みます。




















石鳥居から約2分程で、赤い鳥居の横に出てきます。

この写真は、写真左端から出てきて、振り返って撮りました。

赤い鳥居をくぐり、石階段を登っていくと、先ほどの「石鳥居」に至ります。

当ルートは、赤い鳥居を背にして、石畳みの道を下っていきます。














少し進むと、ベンチのある広場に至ります。

前方には神戸市の町並みが広がります。

石畳みの道を下っていきます。
















高取山は、毎日登山が盛んな事で有名です。

近隣の方々が集う茶屋です。

「月見茶屋」の前を直進します。
















写真中央奥から歩いてきて、振り返って撮りました。

「安井茶屋」です。

分岐点から此処まで約225分です。
















安井茶屋の直ぐ隣に広場があります。

当ルートは、左折して広場に入り、更に奥に進み、

トイレットの裏手から左折して下り道に入ります。

写真中央に、白色の「←六甲全山縦走路」の標識があります。














前の写真から石畳み道を直進すると、トイレットの標識があります。

トイレット前を更に直進し下っていく道が、

6703(高取山:長田小学校)ルートで、「白川大明神」を経て、

「長田小学校前」のバス停に至ります。














トイレット前を右折するルートもあります。

写真左に建物、右に標識、写真中央を下る細い踏み跡があります。


















前の写真の標識の拡大です。

トイレット前で右折すると、「高神の滝」、鷹取団地を経て、「鷹取団地」バス停、山陽電車「西代駅」に至る

6701(高取山:西代)ルートです。






















広場に入ります。

写真中央の建物がトイレットです。

建物の左手に向かいます。
















左手に進むと、標識があります。




















トイレ左手にある標識の拡大です。

当ルートは、この標識に従います。


















階段を下っていきます。

「丸山を経て鵯越駅・菊水山・(六甲全山縦走路)」の示す方向に進みます。


















「長者堰堤」前を通過します。

分岐点から此処まで、約240分です。

平成25年7月に完成した新しい堰堤です。
















住宅地に近づいてきました。

写真手前から降りてきて、写真中央奥の住宅の前で右折し、

急こう配のコンクリート道を下っていきます。
















市街地に降りてくと、道の左に標識があります。

鉄網で囲まれた三角コーナーにあるので、見落とすかもしれません。

分岐点から此処まで、約245分です。

道なりに進みます。














大きな道路と交差します。




















十字路を直進します。




















渡りきった処で、左手に標識があります。




















前の写真、中央付近にある標識の拡大です。

此処で左折し、コンクリート坂道を登ります。


















この辺りから、「鵯越駅」(ひよどりごええき)までは、住宅街を通り抜けていきます。

縦横に曲がり道がありますが、「六甲全縦」の標識が、

迷いやすい処に必ずあります。

曲がり角では必ず確認してください。

標識のない曲がり角は、誤って進んだ証拠です。

1つ前の曲がり角に戻り、標識を見つけてください。










信号を渡り左折します。




















信号を渡った処にある標識です。




















「六甲全山縦走路」の標識もあります。




















町中のバス停です。

分岐点から此処まで、約260分です。
























もう一つ、バス停がありました。




















「鵯大橋」(ヒヨドリ大橋)を越えます。

分岐点から此処まで、約265分です。


















トンネルの上は神戸電鉄の線路です。

分岐点から此処まで、約270分です。


















この辺りは、急坂が続きます。


























道路下のトンネルをくぐり、上り坂が終わります。

道なりに進み、坂道を下っていきます。

分岐点から此処まで、約275分です。

道なりに進みます。














突き当りで右折し、急坂を下っていきます。

写真中央の柵に、標識があります。


















前の写真中央にある標識の拡大です。

柵の向こうに見えるのが神戸電鉄の線路、写真右上の辺りが駅です。

坂を下り、駅に向かいます。
















当ルートの終点、神戸電鉄「鵯越駅」(ひよどりごええき)です。

須磨浦公園駅から此処まで、約280分です。


















電車の進行方向は、写真左側が神戸方面、右側が有馬方面です。

駅前の踏切を渡り、登り坂に進むと、6301(イヤガ谷東尾根)ルートで、

尾根道、君影団地を経て、神戸電鉄「鈴蘭台駅」に至ります。

写真手前の下り坂に進むと、6113(烏原貯水池周遊路)ルートで、

烏原水源地のダムを大きく一回りする周遊路です。








六甲全山縦走路の続きは、0103(鵯越駅〜市ケ原)ルートで紹介しますが、鵯越駅で一旦打ち止めとする場合は、

神戸電鉄「鵯越駅」〜神戸高速鉄道「新開地駅」まで乗車すると、

新開地駅にて、神戸高速鉄道に乗り入れている阪急電車、阪神電車、山陽電車に乗り換えが可能です。

三ノ宮・大阪方面へも、明石・姫路方面へも、行く先は自由です。後日逆ルートを通れば、鵯越駅から六甲全山縦走を再開できます。



コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る

当ルート及び当ルートから分岐・交差する周辺ルートも表示しています。


地形図(1/6) : 須磨浦公園駅〜旗振茶屋まで

注) ルート番号とルート名称の対応は次の通りです。 6901:鉢伏山(山腹道)、 6903:旗振山(塩屋北)、 6929: 義経道


地形図(2/6) : 旗振茶屋〜栂尾山・階段下まで

注) ルート番号とルート名称の対応は次の通りです。 6901:鉢伏山(山腹道)、 6907:鉄拐山(妙見堂)、 6929: 義経道


地形図(3/6) : 栂尾山・階段下〜東山まで

注) ルート番号とルート名称の対応は次の通りです。 6909:東山(板宿)、 6915:水野谷、 6917:横尾山(水野谷)、
6919:栂尾山(水野谷)、 6921:水野谷東尾根、 6927:水野谷西尾根、 6965:栂尾山〜天井川


地形図(4/6) : 東山〜安井茶屋まで

注) ルート番号とルート名称の対応は次の通りです。 6909:東山(板宿)、 6911:横尾道、 6701:高取山(西代)、6703:高取山(長田小学校)
6707:高取山(禅昌寺)、 6709:高取山(口ノ川)、 6711:高取山(堂ノ下)、 6713:高取山(禅昌東尾根)


地形図(5/6) : 安井茶屋〜丸山町バス停まで



地形図(6/6) : 丸山町バス停〜鵯越駅まで

注) ルート番号とルート名称の対応は次の通りです。 6113:烏原水源地周遊路、 6301:イヤガ谷東尾根


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード 01のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system