調査日: 2014年 7月21日

0305 中央稜(雨ヶ峠〜一軒茶屋)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
0305  ・中央稜(雨ヶ峠〜一軒茶屋) 2.1  ・雨ヶ峠〜本庄橋跡〜七曲り分岐〜七曲り道〜一軒茶屋


コースの概要

阪急芦屋川駅から六甲最高峰・一軒茶屋に向かう約7Kmのハイキング道で、大変人気のあるルートです。

当HPでは、0301(中央稜:阪急芦屋川〜風吹岩)、0303(中央稜:風吹岩〜雨ヶ峠)、0305(中央稜:雨ヶ峠〜一軒茶屋)の3ルートに分けて紹介します。

これらルートを多くの人が山登りを楽しんでおり、標識も随所にあるので道に迷うことはないと思われます。

0305ルートは、雨ヶ峠から本庄橋跡を経て、七曲りの急坂を登り、六甲最高峰下の一軒茶屋に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。
























此処は、0303(中央稜:風吹岩〜雨ヶ峠)ルート、1301(東オタフク山東尾根)ルートの「雨ヶ峠」です。

ベンチがあり、案内板があり、標識があります。






前の写真中央にある標識です。

1301(東オタフク山東尾根)ルートは、標識「←東おたふく山」に進みます。




































標識の反対側に、東屋があります。

東屋の左手から杉林を抜け、尾根を下って、住吉道に向かうのが、1361(雨ヶ峠西尾根)ルートです。

当ルートは、東屋を左に見て、写真右の幅広の道に進みます。






峠を出て直ぐは、こんな道です。

登りがあります。


















平行道もあります。

途中、ぬかるんでいる箇所もあります。


















この写真は振り返って撮りました。

当ルートは、標識の左から、写真の手前に進みます。

写真右端に、杭で砂止めした階段があります。

御影の「落合橋」から始まる0325(住吉道)ルートの終点が此処になります。

分岐点から此処まで、約5分です。












前の写真から、下り坂になります。

背の高い樹のある斜面を降りていきます。


















分岐点から約15分、沢を飛び石づたいに越えます。




















川を越えると直ぐに、3907(森林管理道)ルートへの分岐があります。

左折し、水平道が続く森林管理道を経て、0701(西オタフク山)ルートに出合います。

当ルートは、直進します。






















石の階段道を上ります。




















分岐点から20分弱、この標識に出合います。

2分岐していますが、少し先で合流します。

左方向は、本庄橋跡を通って高台にでます。

右方向は、本庄橋を通らずに高台にでます。

当ルートは、左折し、本庄橋跡の方向に進みます。












左手に赤ペンキのマーキングをした樹があります。

マーキングのある樹を分岐点に、急勾配の尾根筋を登り詰め、

ドライブウエイに出合うのが、0333(田辺谷東尾根)ルートです。
















前方に大きなダムが見え、標識があります。

標識で右折し、沢に向かいます。


















1枚の石板から成る立派な「本庄橋」でしたが、現在はこんな木橋です。

写真の左手奥が休憩場所になっており、本庄橋の由来を説明したものがあります。

雨ヶ峠から本庄橋跡までは、およそ20分です。
















本庄橋の休憩所です。

壊れた本庄橋の一部が残っており、案内板もあります。


















石階段を登り詰めます。


























分岐点から約25分、開けた台地に出ます。

写真奥に向かって進みますが、台地の右手に進むと、

土樋割峠方面になります。

当ルートは、七曲り分岐に向かいますので、台地の左手に向かいます。

写真中央奥に、小さく見えていますが標識があります。

その標識に向かって進みます。










前の写真の中央奥にある標識です。

「→ドビワリ・・・」は、前の写真の台地の右端を指しており、

10分程で土樋割峠に至り、六甲有馬ドライブウエイ、東オタフク山、蛇谷北山等への分岐があります。

当ルートは、標識「←一軒茶屋・・・」の左手にある踏み跡に進みます。




















前の写真の標識から坂を下ると、直ぐに標識と分岐があります。

1303(蛇谷林道)ルートの分岐点が写真左の標識で、

標識で右折すると、土樋割峠を経て、「東オタフク山登山口」バス停に至ります。

当ルートは左折します。














前の写真を少し角度を変えて撮りました。

当ルートの左折する直ぐ先に、沢が見えています。


















沢には大きな石が置かれ、増水時でも渡れるようになっています。

当ルートは、沢を渡り、七曲り道を経て一軒茶屋に至ります。

この沢を、「七曲り分岐」と呼称しています。

雨ヶ峠から七曲り分岐まで、約25分です。














沢を渉ると、青い標識があります。

この先から、急勾配の登りが始まります。


















急坂は2段階に別れており、1段目を登りきってほっとする間もなく、2段目の急坂になります。

とはいっても、わずか5分程度の苦しみに耐えれば通過できます。
























2段目の急坂です。




















急坂を登りきると、踊り場のような平坦な処に出ます。




















踊り場から、いま登ってきた処を振り返ることができます。




















前の写真と同じ場所から、ルート内を撮りました。

此処からは、緩やかな坂道に変わりますが、

道が右カーブしていく地点の右手に、赤いペンキでマーキングした樹があります。

0331(七曲り東尾根)ルートで、急な尾根道を経て、当ルートに出合います。

当ルートは、写真左端に進みます。

七曲り分岐から此処まで、約13分です。










幅広の道路が続きます。




















足元は、大小様々な石ころがあり、

ゴツゴツして歩きにくい道です。


















階段道も多く、結構疲れる道です。


























急勾配ではありませんが、名前の通り、曲がりくねった道が続きます。


























時には平坦な道もあります。




















進行方向右手に石を積み上げた急勾配の道を登っていきます。




















七曲り道の名称通りに、クネクネと方向が変化しながら上っていきます。




















左カーブする道、写真右上に、「保安林」の標識があります。

七曲り分岐から此処まで、約40分です。


















前の写真から3m程進み、振り返って撮りました。

写真左端「保安林」の標識、道がカーブしている、石で道端が整備されているが目印です。

写真中央付近に踏み跡がああります。

0331(七曲り東尾根)ルートの分岐点で、此処から急な尾根筋下りを経て、

当ルートに出合います。出合う地点は、七曲り分岐からの急坂が終わり、

緩やかな傾斜になったカーブする地点です。(9枚前の写真を参照)










露岩地帯を通ります。





















木製の橋を渡ります。



















足元がコンクリート道になります。




















丸太階段を登りきると終点です。

結構つらい階段が続きます。


















一軒茶屋目前の大変疲れる階段も終了間際です。

たいした階段ではありませんが、歩幅が合いません。

写真左の壁は、一軒茶屋の建物です。






















最後の階段を登りきると、「一軒茶屋」の石標があります。

此処が、当ルートの終点となります。

雨ヶ峠から七曲り分岐まで、約25分です。

七曲り分岐から一軒茶屋まで、約50分です。




















石標を背に、振り返って撮りました。

写真中央付近の叢にある踏み跡に分け入るのが、0315(黒岩谷西尾根)ルートです。

黒岩谷を下り、土樋割峠に至ります。
















一軒茶屋は、ドライブウエイに面しています。

写真奥に向かうと、「六甲ケーブル」方面に、

写真手前は、宝塚方面に至ります。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート及び周辺ルートも表示しています。

<一軒茶屋〜雨ヶ峠の北半分の地形図>



<一軒茶屋〜雨ヶ峠の南半分の地形図>



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 03のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system