調査日: 2016年 7月28日

0503 湯槽谷山〜極楽茶屋跡 (裏六甲縦走路:後半)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
0503   ・湯槽谷山〜極楽茶屋跡 1.9  ・湯槽谷山〜湯槽谷峠〜番匠屋畑尾根〜極楽茶屋跡


コースの概要

裏六甲縦走路は、有馬温泉と極楽茶屋跡を結ぶ尾根道ルートです。

有馬温泉の中心部から分岐し、妙見宮のある落葉山、灰形山、湯槽谷山を経て、極楽茶屋跡に至ります。

此のページでは、湯槽谷山から極楽茶屋跡に至るルートを紹介し、有馬温泉から湯槽谷山に至るルートは、0501ルートにて紹介します。

湯槽谷峠から極楽茶屋跡までの尾根筋は、「番匠屋畑尾根」と呼称されています。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






「湯槽谷山」の山頂を、当ルートの分岐点とします。

此処までは、0501(有馬温泉〜湯槽谷山)ルートで紹介しています。


















山頂から直ぐに、急な下り道になります。











































出発して2〜3分で、7315(高尾山)ルートへの分岐があります。

標識で右折し、「高雄山」を経て、「仏谷峠」に至るルートです。

当ルートは、極楽茶屋跡に向けて直進します。






急な下り坂が続きます。




















湯槽谷山から約15分下って来ると、「湯槽谷峠」に至ります。

峠には、直進する当ルートと、左右に2つの分岐があります。

写真手前の標識・案内板で左折する分岐と、写真奥の標識から右折する分岐です。

当ルートは、写真中央を進み、階段道に進みます。














案内板で左折し、「湯槽谷」を経て、

0703(紅葉谷)ルートに出合うのが、7111(湯槽谷道)ルートです。



































もう一つの分岐に入るのが、7307(横谷)ルートで、「横谷」を経て、0705(小川谷)ルート、

7309(茶園谷)ルートに出合います。






先の分岐を過ぎると、結構、静かな山歩きが楽しめます。




















階段道です。



































分岐点から約30分、「四等三角点」があります。











杉の植林地帯を抜けていきます。




















階段道になります。


























「有馬ロープウエイ」の鉄塔下を通ります。

分岐点から此処まで、約40分です。


















杭のある階段道が続きます。

階段道の先には、さらなる階段道が見えるので、辛抱が必要です。









































分岐点から約50分、平地があり、案内板があります。

此の辺りを底にして、此処から30分間の厳しい上り坂が始まります。






階段道が待っています。

所々で階段道が消えて一旦は穏やかな尾根筋になりますが、

直ぐに、階段道に変化します。

もう階段道は終わりと思いこみますが、

何度かは裏切られてしまいます。












案内板から15分、分岐点から約65分、

露岩の側を通り抜けます。


















杉の樹が多くなってくると、階段道も終わりかけですが、

最後の最後まで、階段道が途切れては再び現れ、我慢の連続です。

稜線が見えてくると、終点が近づきます。
















先の露岩からでも約15分、

分岐点から約80分で、台地に至ります。

石柱や標識があります。

































台地の様子です。

当ルートは、写真右手の石柱の向こう側から出てきました。分岐点から此処まで、約80分です。





























前の写真の中央左にある標識の拡大です。

此処は、0705(小川谷)ルートへの分岐点になっています。








当ルートは直進し、「極楽茶屋跡」に向かいます。

緩やかな下り道です。


















林をぬけ、空が広がる所に、案内板があります。

この写真は、写真左奥からでてきて、振り返って撮りました。

案内板で右折すると、0703(紅葉谷)ルートで、「有馬温泉」に至ります。































前写真の標識の拡大です。











標識を背にして踏み跡を辿ると

直ぐに、大きな石の向こう側で、ドライブウエイに出合います。

写真右は「六甲ケーブル」方面に、

写真左は、「六甲最高峰」方面に至ります。

大きな石を、当ルートの終点とします。

分岐点から此処まで、約85分です。










ドライブウエイから振り返って撮りました。

写真手前の大石が、当ルートの終点です。

写真には写っていませんが、大石の左手は、極楽茶屋跡です。

今は、自販機しかありません。

此処で、0109(六甲山記念碑台〜東六甲縦走路入口)ルートに出合います。









コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


有馬温泉から有馬三山を経て、極楽茶屋に至る地形図を、北から南に5分割で表示します。


地形図 : 1/5



地形図 : 2/5



地形図 : 3/5



地形図 : 4/5



地形図 : 5/5


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


ページ番号 05のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system