調査日: 2012年11月22日


0705 小川谷

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
0705   ・小川谷 1.8  ・横谷分岐〜小川谷〜小川谷分岐(裏六甲縦走路)


コースの概要

逢山峡方面から六甲山(極楽茶屋)をめざすルートです。

逢山峡から茶園谷に入り、横谷・小川谷の分岐から小川谷に入り、急峻な道を上り、極楽茶屋近くで、裏六甲縦走路に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(極楽茶屋からの下りルートで紹介します)






此処は、極楽茶屋跡から北方向に数十m進んだ処です。

標識で2分岐し、右折すると、0703(紅葉谷)ルートを経て有馬温泉方面に、、

左折すると、0503(極楽茶屋〜湯槽谷山)ルートを経て有馬温泉方面に至ります。


















当ルートは、案内板の左手から、良く茂った林に向かって緩やかに登ります。


















直ぐに高台になり、道は2分岐します。

写真右端に進むのが、0503(湯槽谷山〜極楽茶屋)ルートで、裏六甲縦走路の一部です。

写真中央付近の標識が、当ルートを案内しています。
















前の写真の標識の拡大です。

当ルートは、この標識で左折し、谷に向かって下っていきます。
























下り道の始まりは、背の低いササが小道の両側にあります。




















直ぐに杉林があり、植林地を下りながら通り抜けます。




















杉林をぬけると稜線が広がり、踏み跡が少し分かりづらくなります。

注意して足元を探せば踏み跡は必ず見つかります。


















急坂をドンドン降りていきます。

踏み跡は明確になり、大きな石が道の所々に転がっています。


















川沿いの道を少し歩きます。



















広くて湿った道を進みます。





















右手に砂防ダムのコンクリートが木々の向こうに見えます。

堰堤前の沢を渡ります。
























砂防ダムを越します。

小川谷分岐から此処までは、約20分です。


















ダムを越すとコンクリート道に変わります。




















両側が草に覆われたコンクリート道をひたすら下っていきます。

これから先は、舗装道となり、味気ない道が続きます。



















紅葉を楽しめました。



















大きくカーブする処で、小川谷第二砂防ダムの前を通ります。

舗装道を進みます。


















此処は、松の木と、看板が2枚ある分岐点です。

此処で、小川谷・横谷・茶園谷が交差します。

当ルートは、写真右側から降りてきて、写真中央で他ルートと交差し、終点となります。

小川谷分岐から此処までは、約40分です。

写真左側、轍の跡が見える道が7307(横谷)ルートで、湯槽谷峠に至ります。

コンクリート道をそのまま下って行くのが、7309(茶園谷)ルートです。










前の写真の看板の拡大です。

目印は、黄色い表示の119ばん つうほうプレート「き 94−1」です。















コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(0705、茶色で表示)と交差又は分岐するルートも表示しています。他ルートは、識別するために色合いを変えています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 07のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system