11

11グループ <六甲山上・危険道>

  分類コード11で紹介するルートは、下表の4ルートです。

  4コースとも、熟練者と一緒に行動するコース、初心者が単独で登ることは避けるべきコースであると紹介されています。

   ・西山谷コースは、一度踏破したことがありますが、コースを紹介できるデータをとる余裕もなく、必死で通り抜けたことしか覚えていません。

    機会があれば再度挑戦する積もりですが何時になるかまったく分かりません。

   ・五助谷は、危険な堰堤を避ける、滝の直登を避けるなど、安全に配慮し、石切道途中から分岐し、谷筋を遡りました

   ・西滝ヶ谷は、下流側にあるダムへの取り付きが分かりづらいので、住吉川右岸道から分岐し、谷筋を遡りました。


         コード番号をクリックすると、ルート情報を紹介するページにリンクします。 下線のないコード番号は工事中です。)

No コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1 1101   ・西山谷  ・渦森バス停〜寒天橋〜西山谷〜天狗橋東バス停
2 1103   ・大月地獄谷  ・渦森バス停〜大月地獄谷〜みよし観音
3 1105*   ・五助谷 1.9  ・五助谷分岐(石切道)〜五助滝〜堰堤〜小滝〜堰堤〜六甲全山縦走路出合
4 1107   ・西滝ヶ谷・水晶谷・極楽渓 2.6  ・西滝ヶ谷分岐〜水晶大滝〜布袋岩〜極楽渓分岐(六甲全山縦走路)

注) 1.コード番号末尾に印のあるルートは、(株)昭文社 「山と高原地図 48 六甲・摩耶」 では紹介されていないマイナー・ルートです。 
     これらのルートを歩く方・初めてルートに挑まれる方は、慎重に行動し、自己責任で安全を確保されることをお願いします。  
   
   2.概算歩行距離は、GPSデータを「カシミール3D」にダウンロードし、地形図と照合しながら補正し、ルートを作成した計算上の距離です。
     実際の歩行距離は、ルートの地形によって異なりますが、概算歩行距離に少なくとも 1.1〜1.2を乗ずる必要があります。


 このページの先頭に戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system