調査日: 2014年 7月21日

1303 蛇谷林道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1303   ・蛇谷林道 1.9  ・「東オタフク山登山口」バス停〜コンクリート林道〜土樋割峠〜林道〜七曲り分岐


コースの概要

「東オタフク山登山口」バス停と、七曲り分岐を結ぶルートです。

阪急バスの、「東オタフク山登山口」バス停で降車し、バス停からは、舗装道の林道を登り、土樋割峠を経て、七曲り分岐に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタ数字をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。
























此処は、阪急バスの「東オタフク山登山口」バス停(有馬方面行き)です。

バス停には、自販機があり、小さな広場もあります。

写真右端は、歩行禁止の自動車専用道路(芦有ドライブウエイ)で、JR芦屋、阪神芦屋、阪急芦屋川方面行きのバス停が、写真右端奥にあります。






前の写真の右奥に近づいて撮りました。

芦屋川方面行のバス停が写真左端の奥にあり、手前には、ガードレールで

囲まれた登山道があります。

写真右端に標識があります。














前の写真の標識の拡大です。




















標識のある処は、2507(奥山新道)ルートの分岐になっています。

2507ルートは、ガードレールに囲まれた舗装道を進み、一旦山中に入った後に、

芦有ドライブウエイ沿いの山道を歩き、弁天岩に至ります。
















当ルートは、バス停前の広場を横切り、住宅地につながる舗装道を登っていきます。




















直ぐに、舗装道が2分岐しています。

右手の登り坂は、3313(滝ヶ谷)ルートで、谷筋を経て、「石の宝殿」に至ります。

当ルートは、「東おたふく山 ハイキング道」の標識に従います。

次の分岐が、写真の左端奥に小さく見えます。
































分岐点から約5分、2分岐があります。

当ルートは、此処から、右手の林道に入ります。舗装道が続きます。

写真中央に標識があります。






前の写真中央の標識の拡大です。


当ルートは、「東お多福山 土樋割(どびわり)峠」に向かいます。

















分岐点から約7分、鎖の車止めがあります。




















車止めの直ぐ先に、標識があり、その左手に、

舗装道から左折していく踏み跡が見えます。


















前の写真の標識の拡大です。

左折し、沢を渡り、尾根道を経て東オタフク山に至るのが、1301(東オタフク山東尾根)ルートです。

当ルートは、林道を直進します。








































前の写真の標識から数m進み、振り返って撮りました。

写真右端中央付近が、1301ルートの分岐点です。

この写真の中央より左手に、斜面を登る踏み跡があります。

1307(東蛇谷尾根)ルートで、「蛇谷北山」のピーク少し手前で、0309(蛇谷北山)ルートに出合います。






当ルートは、舗装道の林道を進みます。




















林道は幅広い道ですが、舗装されているので、少しも楽しくありません。

しかし、耳を澄ませば、鳥の鳴き声を聞くこともできます。

林道は、何度か蛇行を繰り返しながら徐々に高度を上げていきます。

「蛇谷林道」の名前は、蛇行が多いから命名された(?)。














ダムの横を通ります。

分岐点から此処まで、約20分です。




































広場のある土樋割峠に着きました。

写真右端から上って来ました。「東オタフク山登山口」バス停からは、約25分です。






峠は、十字路になっており、当ルートは直進します。

標識「六甲最高峰(石宝殿)」は、0309(蛇谷北山)ルートで、

「蛇谷北山」の山頂を経て、鳥居茶屋跡に至ります。

標識「東お多福山 山頂」は、1305(東お多福山南尾根)ルートで、

東お多福山 山頂を経て、雨ヶ峠に至ります。















1305ルートの入口です。

前の写真の標識の対面、南側にあります。















当ルートは、西に向かう幅広のコンクリート道に進みます。




















緩い下り坂の先で、幅広のコンクリート道が交差します。






































コンクリート道が交差する地点です。

前方に沢の流れと、写真左端に標識があります。

右折するのが、0313(黒岩谷)ルートで、谷筋を遡行し、「一軒茶屋」の北部で、ドライブウエイに出合います。、

写真中央付近を直進し、沢を渉り、斜面を登るのが、0315(黒岩谷西尾根)ルートで、険しい尾根筋を経て、「一軒茶屋」に至ります。






前の写真の左端にある標識の拡大です。

当ルートは、「本庄堰堤・六甲最高峰・住吉」に向かいます。
























コンクリート舗装道に、小粒の石を敷き詰めたような

幅広の道を下っていきます。


















道はざらざらしていて、結構滑りやすい道です。

ダム補修工事のトラックが行き交っていることもありました。

















土樋割峠唐約5分下ってくると、2分岐があります。

写真左は幅広の道で、この先で上り坂となり、直ぐに広場があり、

住吉方面に至ります。

当ルートは、写真中央の幅広でない方の踏み跡に進みます。

写真右端に標識があります。












前の写真の右端にある標識の拡大です。

幅広の道は、「五助・住吉・御影」、

やってきた道は、「土樋割・奥池」と表示されています。

当ルートは、「六甲最高峰(川を渡る)」に向かいます。




















標識の直ぐ先で、2分岐があり、写真中央には標識もあります。

0305(中央稜:雨ヶ峠〜一軒茶屋)ルートは、写真左手と写真右手を結ぶルートで、

当ルートは、写真手前から進んできて、

写真中央で0305ルートと出合い、終点となります。

土樋割峠から10分弱です。

「東オタフク山登山口」バス停からは、約35分です。










前の写真中央にある標識です。

標識右手の直ぐ先に、沢があります。


















これが沢です。

飛び石伝いで沢を渉り、写真中央奥に向かっていくと、

七曲り道となり、一軒茶屋に至ります。

便宜上、この沢を、「七曲り分岐」と呼称しています。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート及び周辺ルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 13のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system