調査日: 2012年 9月21日


1503 観音山(奥池ルート)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1503   ・観音山(奥池ルート) 0.5  ・奥山貯水池〜奥池〜飯盛尾根分岐〜ゴロゴロ岳分岐〜観音山


コースの概要

芦屋方面から観音山に至るルートです。

奥山貯水池、奥池の横を通り、飯盛尾根分岐、ゴロゴロ岳分岐を経て、観音山を目指します。



コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、奥山貯水池です。

この石碑から時計と反対周りに進むのが、1719(ゴロゴロ岳:奥山貯水池)ルートです。

当ルートは、この石碑を分岐点に、時計回りに進み、奥池方面に進みます。

この石碑を右に見て、舗装道を歩きます。














舗装道を歩き始めて1分もしないうちに、刈り込んだ樹が左手にあります。

この樹の右手から踏み跡に入り、熊笹峠に至るのが、3305(熊笹峠)ルートです。


















この標識が見えてきたら、湖畔遊歩道に進みます。

この標識は、奥山貯水池と奥池の中間辺りにあります。

分岐点から此処までは、約3分です。





















奥池が見えてきます。

湖畔沿いに進みます。


















こんな感じで遊歩道が続いています。

右手は、奥池の湖面になります。


















分岐点から10分程来ました。

「熊笹峠を経て、六甲最高峰へ」とありますが、大藪谷方面への分岐とします。

当ルートは、湖畔に沿って進みます。





















湖畔沿いの遊歩道です。




















先の分岐写真から1分足らずで、山地に取付きます。

写真左に標識、写真右に金網があります。

金網沿いに右に分岐する踏み跡がありますが、当ルートは直進します。
















前の写真右手にある標識の拡大です。

「鷲林寺・苦楽園・ゴロゴロ岳・観音山」の方向に直進します


















金網を右に見ながら進みます。


























分岐点から13分程来ました。

直進すると急こう配の上り坂、左折すると下って直ぐに平坦道となる分岐点です。

直進して上り坂に取り付くのが、1721(飯盛尾根)ルートです。

当ルートは左折します。














左折して下った処にある標識です。




















下った処から振り返って分岐点を撮りました。

分岐点の目印は、写真右の太い松の木です。

写真左方向の金網沿いに急こう配の上り坂が1721(飯盛尾根)ルートです。






































分岐して平坦道を少し歩き、沢を越し、写真左手奥に続く踏み跡に進みます。

写真中央付近から沢を下っていくのが、3323(大藪東谷)ルートとなります。






分岐点から25分程進んできました。

写真中央付近で右分岐するルートがあります。


















前の写真を角度を変えて撮りました。

当ルートは、写真右奥からきて左折し、写真手前に進みます。

倒木2本のある地点を分岐点とするのは、1723(ゴロゴロ岳:奥池)ルートで、

写真左奥へと進み、ゴロゴロ岳に至ります。














分岐点にある標識の拡大です。

当ルートは、標識の中央の「奥池」からきて、標識上部に示す「鷲林寺」へと進みます。

1723(ゴロゴロ岳:奥池)ルートは、標識下部の「ゴロゴロ岳」です。





















左折して平坦な道を進みます。




















平坦道が当然急降下します。

急降下道は露岩地帯です。

この写真は、急降下後、振り返って撮りました。





















急降下した処に分岐点があります。

分岐点から此処までは28分です。


















分岐点にある標識の拡大です。

左折する下り道、「鷲林寺」方向に進むのが、1501(観音山:せせらぎ)ルートです。


















当ルートは、「鷲林寺・観音山」の方向に進みます。




















分岐点から32分程進んできて、観音山の頂上近くです。

此処は、1509(観音山:山道)ルートの分岐点で、石が3つ並んでいる処を分岐点に、

急坂を下り、鷲林寺の荒神堂に至ります。

当ルートは、左折し、観音山の頂上に向かいます。














先の分岐からは、観音山の頂上は直ぐです。

頂上付近は、写真のような巨石が折り重なるように散在しています。

写真左に見える細い筋は、1505(観音山:パノラマ)ルートです。

当ルートは、写真中央左付近の石の間を進んで、直ぐ先になる頂上に近づきます。














観音山の頂上です。

分岐点から此処までは、約35分です。


















頂上から見える甲山と北山貯水池の風景です。

















コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(1503)と交差又は分岐するルートも表示しています。当ルートは緑色、他のルートは識別するために色合いを変えています。





参考: 観音山に至る全ルートの位置関係を表示します。





 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 15のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system