調査日: 2012年 9月19日、2013年 8月29日


1509 観音山(山道ルート)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1509   ・観音山(山道ルート) 0.5  ・荒神堂〜谷筋〜鉄塔〜尾根筋〜観音山南



コースの概要

鷲林寺から観音山を目指す最南の尾根ルートです。

荒神堂横の霊園の前を通って谷に入り、直ぐに尾根に沿って急な岩山道を登ります。途中、鉄塔を経て、観音山からゴロゴロ岳へのルートと出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






鷲林寺本堂前を東に進み、直ぐに左折して坂道を上がると、右手に若宮神社があります。

写真中央の鳥居をぬけて左折し、観音山を目指すのが、1505(観音山:パノラマ)ルートです。

写真右端には観音山のルート案内板があります。
















若宮神社を右に見て、坂道を上がると、突き当りに荒神堂があります。

荒神堂の右手から観音山を目指すのが、1507(観音山:急坂)ルートです。

当ルートは、荒神堂を分岐点とし、荒神堂の前を左折します。
















左折する道は、ちょうど本堂の裏にあたります。

写真中央を進みます。右手は霊園です。


















コンクリート道を進むと、大きな木があります。

この木の横を通り、右折します。
























右折し、石垣に沿って進みます。




















直ぐに、小さな沢を一跨ぎで渡ります。




















川を渡った後、修道院の敷地を囲む鉄条網に沿って上ります。




















右手にダムがあります。




















最初は谷筋を登ります。

小石交じりの道をスリップしないように登ります。
























谷筋から尾根筋に変わります。

当ルートは、尾根筋を登っていきますが、此処から尾根筋を下って

七曲谷に向かうのが、1777(七曲谷〜観音山道)ルートになります。

1509ルートは、尾根筋を登り、鉄塔を経て、観音山方面に至ります。

当ルートは、写真中央の尾根筋へと進みます。












岩の多い尾根筋を登ります。




















途中で振り返ると、甲山や北山貯水池が見えます。




















岩場を越します。


























鉄塔の下をぬけます。

荒神堂から此処までは、約20分です。


















岩の多い尾根道をドンドン上り続けます。




























1503(観音山:奥池)ルートに出合い、当ルートの終点となります。

荒神堂から此処までは、約30分弱です。

写真右端奥に進むと、直ぐに観音山の頂上です。
















出合った地点から、当ルートへの下り道を撮りました。

大きな石が3つ程あって、段差があります。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート以外にも観音山に至るルートがあります。それら全てを表示しています。




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 15のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system