調査日: 2012年 9月21日


1713 苦楽園尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1713   ・苦楽園尾根 4.1  ・苦楽園口駅〜苦楽園尾根〜六麓荘分岐〜ゴロゴロ道出合


コースの概要

阪急苦楽園口からゴロゴロ岳をめざすルートです。

阪急苦楽園口を出て住宅街を通り抜け、苦楽園尾根に取り付き、露出した岩道、ゴロゴロと巨石が横たわる尾根道を経て、ゴロゴロ岳に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






当コースの始点、阪急苦楽園口駅です。

駅の西側出口に出ます。


















改札を出ると、目の前に横断歩道があります。

横断歩道を渡り、左手方向の広い道を進みます。

写真の左端は蕎麦屋、右端はパン屋さんです。

蕎麦屋とパン屋に挟まれた道を進みます。

進むと直ぐに銀行もあります。

広い道は、「苦楽園口通り」です。










直進し、越木岩筋、北夙川通を過ぎ、苦楽園筋で右折します。




















段々と勾配のキツイ坂道となります。




















ほどなく、苦楽園バス停です。

駅から此処までは、約25分です。
























バス停の斜め前方に、三笑橋があります。

バス停の左手には派出所もあります。

写真は、三笑橋です。川に沿って進みます。
















ドンドン上っていきます。

広い道を選び、道なりに進みます。

写真中央はフェンスです。此処で右折し橋を渡ります。
















更に坂道を登っていきます。

黒川文化研究所の案内が目立つようになります。

写真のような標識に従って進みます。






















右手に西宮北高校、左手に苦楽園中学校、頭上に横断歩道が
見えてきます。

横断歩道で左折します。

写真左手にロードミラーがありますが、そこで左折します。















急勾配の道をドンドン上ります。

写真のような勾配の道が続きます。


























左手に石の階段があります。

ここから、尾根道が始まります。

駅から此処までは、約50分です。














尾根道は、露出した岩肌の上を登っていきます、

暫くの間は、岩の露出道が続きます。
























尾根道の途中で振り返って撮りました。




















高度が上がるに従って、大きな岩が目立ってきます。

トラロープがありますが、殆ど不要です。


















大きな岩を越しながら登り続けます。






















1711(六麓荘〜苦楽園尾根出合)ルートへの分岐点です。

当コースは直進します。

石の階段(登山口)から此処までは、約25分です。














大きな岩がゴロゴロする尾根道です。

岩をよけながら登りつづけます。


















鉄塔に着きました。

石の階段(登山口)から此処までは、約40分です。




















奇妙な形をした樹に出会いました。


















勾配が緩くなってきました。




















金網と鉄条網が左に、前方には開けた場所があります。

此処は、ゴロゴロ岳直前の広場で、当ルートの終点です。


















広場から、当ルートの終点(分岐点)を撮りました。

写真中央の金網の端辺りを当ルートの終点とします。

金網沿いに右に進むと、1703(柿谷西道)ルートの標識があります。

石の階段(登山口)から此処までは、約45分です。














広場から、ゴロゴロ岳に近づきます。

写真左奥に、ゴロゴロ岳の標識があります。

この標識の右手を下っていくのが、1723(ゴロゴロ岳:奥池)ルートです。
















前の写真左奥に見えているゴロゴロ岳の標識です。

















コースの登り下りと歩行距離を知る


































このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(1713)と交差又は分岐するルートも表示しています。当ルートは橙色、他ルートは、識別するために色合いを変えています。





(参考) 観音山に至る全ルートの位置関係を表示します。




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 17のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system