調査日: 2012年10月11日


1767 芦屋霊園北谷

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1767   ・芦屋霊園北谷 0.6  ・猪門(26区)〜ダム群〜谷筋〜鉄塔(剣谷西尾根)


コースの概要

芦屋霊園の中央北にある谷筋をめぐるルートです。

芦屋霊園26区近くの猪門より谷筋に入ります。砂防ダムを四つ越し、谷筋を上り、剣谷西尾根の鉄塔に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、芦屋市霊園の東門です。

1707(剣谷東尾根)ルートの分岐点ですが、ここから入ります。

写真左の石碑の右手から、北に向かって舗装道を上って行きます。
















直ぐに右折し、橋(一の橋)を渡り、道なりに上り坂を進みます。




















ロードミラーがあります。

1707(剣谷東尾根)ルートは、此処で右折します。

当ルートは、直進します。
















直ぐに、「15地区」の標識があります。

当ルートは、此処で右折します。


















直ぐに、「20地区」の標識があります。

1705(剣谷西尾根)ルートは、此処で右折します。

当ルートは直進します。
















直ぐに下り坂になります。




















下り坂の突き当り右手に、猪門があります。

此処が、当ルートの分岐点で、霊園の東門から此処まで約10分です。

門扉を自分で開け、写真中央の谷筋に沿って上ります。
















少し進むと、左手に鉄塔巡視路の標識があります。

谷筋に沿う形で、北東の方向に進みます。


















門扉から2分程で、無名ダムを左から越します。

直ぐに谷筋に降ります。


















谷筋を10分程進むと、次のダムが見えます。




















ダムの名前に、「谷止め」が使われています。

殆どのダムは、国土交通省・六甲砂防事務所の管轄ですが、

この谷のダムは林野庁・神戸営林署の管轄のようです。
















第2号コンクリート谷止を左から越しますが、

トラロープがあります。


















前のダムから5〜6分で3番目のダムを左から越し、

直ぐに谷筋に降ります。


















更に5〜6分進むと、第4番目のダムです。

このダムは、右手から高巻きます。

左手から高巻く場合は、堰堤上を左から右に移動しなければなりませんので、

最初から、右手より高巻きます。














堰堤の大分上を大きく高巻き、大きく回りこんで谷筋に降ります。

分岐点からこの辺りまでは約30分強です。


















谷筋を上り続けます。

鉄塔巡視の標識があります。


















テープマーキングがあります。

こんな道を登る人もいるようです。


















再び、巡視の標識があります。





















更に谷筋を上り続けます。



















再び、鉄塔巡視の標識です。

石がゴロゴロしています。



















何となく、手が加わったようで、石で砂止めをしているようです。

分岐点からこの辺りまでは、約45分弱です。

















谷筋が終わり山腹に変わりつつあるところで、

右手の方に鉄塔が見えたので、そちらに進みます。

鉄塔にて、1705(剣谷西尾根)ルートと出合い、当ルートの終点となります。

分岐点から此処までは、約50分です。














鉄塔から見える神戸の風景です。

写真中央の島は、六甲アイランドです。


















谷筋を経て山腹を登ってきた処を撮りました。

写真左端奥の石を越えて、手前の鉄塔にきました。















コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。


コースを地形図で知る


芦屋霊園を起点にする1705,1707,1725,1773ルートの全てを表示しています。


<柿谷西道と柿谷東尾根の出合〜芦屋霊園の北部付近の地形図>



<」芦屋霊園北部〜芦屋霊園西門付近の地形図>

 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 17のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system