調査日: 2012年 8月 5日


1771 青空広場〜柿谷西道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1771   ・青空広場〜柿谷西道 0.5  ・青空広場〜ロープ場〜吊橋〜柿谷西道


コースの概要

石仏谷と柿谷西道をつなぐルートです。

旧キャンプ村側の青空広場、吊り橋、ロープ遊び場などを経て、柿谷西道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。







此処は、1709(石仏谷)ルートの分岐点から少し入った所にある標識です。






















標識から凡そ15分近く急坂を上って来ると、「青空広場」があります。

1709(石仏谷)ルートは、写真中央の樹から左折します。

当ルートの分岐点を、写真中央の樹とし、此処で右折します。













「青空ひろば」の標識は、以前は前の写真の太い樹にありましたが、

現在は、太い樹の前方に広がる植林地帯の中にあります。


















青空広場で右折し、林の中に入っていきますが、

その直前に、枯れ枝が置かれ、進入を拒んでいるようです。

当ルートは迷いやすいので、このようにしているのだと思います。






















林の中に入り、2分ほど進むと、ロープ場があります。

おそらく遊び場となっていたと思われます。


















ロープを掴み、急斜面を降ります。



























降りた所には、木の柵がありますが、さらに坂を降ります。

木柵の辺りは、どっちへ進むか迷いやすい個所です。


















落ち葉があって、踏み跡は少し分かりづらいかもしれませんが、

踏み跡を辿り、林の中を進みます。

この辺りも迷いやすい個所と思います。踏み跡を確認しながら進んでください。
















5〜6分歩くと、左前方に、錆びた鉄橋があります。

吊橋のような設計ですが、ガッシリとした橋です。

橋を渡り、前方の高みを上がります。
















5分も踏み跡を辿ると、前方に広場があります。

赤と黄色のテープマーキングの向うが開けています。

広場に入ると、左右何れにも踏み跡がありますが、

当ルートは、此処で左折し、広場から離れます。














2分ほど進むと、小川を渡る木橋があります。




















当ルートは、橋を渡らず、橋を左に見て、右折します。

写真は、橋に立って、当ルートの進行方向を撮りました。

写真中央へと進みます。
















斜面には、大きな石がゴロゴロしており、

その一つに、赤で矢印が記されています。

写真右端を進みます。

















杉林の中を通り抜けます。

























開けた処にでます。

踏み跡に従って進みます。

テントが張れるような開けた場所です。

焚き火の跡が1ヶ所ありました。














橋から5分も進むと、1703(柿谷西道)ルートに出合います。

写真中央に白い木柱がありますが、そこが柿谷西道です。

左手は、ゴロゴロ岳方面、右は、芦屋市街地方面です。
















白い木柱の裏側にある方向表示です。

此処が当ルートの終点です。

分岐点から此処までは、約20分です。




















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(1771)と交差又は分岐するルートも表示しています。当ルートは濃い青色、他のルートは、識別するために色合いを変えています。




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 17のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system