調査日: 2015年 7月 4日


1907 黒越谷ゴルフ道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1907  ・黒越谷ゴルフ道 0.9  ・ゴルフ分岐(中央稜)〜イノシシ扉〜クラブハウス前〜分岐(黒越谷東尾根)


コースの概要

中央稜と芦屋ゲートを結ぶルートです。

風吹岩から最高峰をめざすルートの黒五谷分岐の少し手前で分岐し、芦屋カンツリー倶楽部前を経て、ゴルフ橋、芦屋ゲートに至ります。

六甲山最高峰方面から下山中に、急ぎ市街地に出たい時のショートカットルートとして活用できます。

分岐して約30分で、芦屋ゲートのバス停に至ります。時間帯によりますが、30分毎に芦屋方面に向かうバス便があります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、0303(中央稜:風吹岩〜雨ヶ峠)ルートの「荒地山分岐」です。

写真中央は「雨ヶ峠」方面に至り、写真右の踏み跡は、2303(荒地山西尾根)ルートで、「荒地山」方面に至ります。























前の写真中央にある標識の拡大です。






荒地山分岐から雨ヶ峠に向かって約5分、

平坦道が左カーブしていく処です。

写真手前の先端を赤く塗った杭、写真中央奥の標識が目印です。

































前の写真中央にある標識の拡大です。

標識のある処を当ルートの分岐点とし、右折して中央稜から別れササ道に進みます。






ササに覆われた踏み跡に入っていきます。

足元が濡れているか、ぐじゅぐじゅになっていることが多い踏み跡です。
























直ぐにイノシシよけのトタン塀があり、

塀に沿って進みます。



































直ぐに、正面に標識が見え、扉があります。

扉を自分で開閉して、ゴルフ場の施設内に入ります。

尚、扉の手前で右折する踏み跡に入っていくことは大変危険です。

打ちっぱなしの練習場が直ぐ近くにあり、ゴルフボールがどこからともなく飛んできます。






ササに覆われ、足元がぐじゅぐじゅの踏み跡を進みます。


























ゴルフ場の舗装道に出合い、右折します。

道路の直前にある金網扉は、自分でロープをはずし、

また、元に戻します。
















この写真は、舗装道から振り返って撮りました。

写真中央の金網扉から出てきました。

写真左の樹には、テープマーキングがあります。

分岐点から此処まで、約5分です。














道はゴルフ場の施設内を進んでいます。




















舗装道を3分程進むと、左手に倶楽部ハウスがあります。

倶楽部ハウス前の駐車場を左に見て通り抜けます。


















ゴルフ橋を目指し、徐々に高度を下げていきます。




















ゴルフ場の正門を通過します。





































進行方向の右手に、1901(黒越谷東尾根)ルートへの分岐点があります。

此処が当ルートの終点になります。

分岐点から此処まで、約15分です。























更に、舗装道を下り続けると、

此処は、1905(荒地山新道)ルートへの分岐点です。






すぐに「ゴルフ橋」です。

分岐点から此処までは、約25分です。

此処は、2507(奥山新道)ルートの通過点です。
















写真左の上り坂を上がると、「芦屋ゲート」があります。

写真右の広幅の道は、2507ルートです。







































ゴルフ橋から約3分、芦有ドライブウエイの「芦屋ゲート」料金所です。

阪急芦屋川、阪神芦屋、JR芦屋と接続する阪急バスの「芦屋ゲート」バス停が、

写真右手の奥にあります。

時間帯にもよりますが、1時間に2本程度のバス便があります。

















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(1907)及び、周辺ルートも表示しています。

ルート番号のみ表示しているルートについては、個々のルート説明を参照してください。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 19のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system