調査日: 2015年 7月 2日


1909 黒越谷左俣

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1909   ・黒越谷左俣 0.7  ・黒越谷第三砂防ダム〜第二砂防ダム〜奇岩〜分岐(荒地山新道)


コースの概要

黒越谷と荒地山を結ぶルートです。

黒越谷第三砂防ダムから谷に入り、第二砂防ダムを経て尾根筋に入ります。

奇岩と称される巨石のある岩場があります。此処で景色を楽しみ、荒地山の北東で、荒地山新道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタのコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(荒地山新道から、黒越谷第三砂防ダムに降りていくルートで紹介します)






此処は、1905(荒地山新道)ルートの荒地山山頂まで、

約5〜6分の位置にある分岐点です。

写真左端でカーブしており、そのまま進むと、「荒地山」です。

当ルートは、写真中央付近を分岐点とし、右折して踏み跡を辿ります。














分岐に入ると直ぐに写真の樹があり、2分岐します。

直進すると、荒地山・山頂の直ぐ手前に出合います。

当ルートは、此処で右折し下っていきます。

写真右端は繁茂しており、踏み跡があるようには見えません。














直ぐに、踏み跡は明確になります。



























約4分程進むと、前方に視界が開け、大きな石があります。

















眼前には、ゴルフ場や、東オタフク山が望めます。






















道なりに下っていくと、直ぐに右カーブし、巨石の前を通ります。

手書きで、「奇岩」と書いてあります。


















奇岩の前を通り抜け、写真手前に進んでいきます。

巨石が散在する辺りは、踏み跡を確認しながら進みます。


















再び踏み跡は明確になります。


























幅広の谷筋を降りていきます。




















3つの沢が合流しています。




















更に下り、右手の沢の流れに沿うように進んでいきます。

足元にはササが茂っています。









































   1963(黒越谷右俣)ルートの終点と出合います。

写真左手中央に笹に隠れて赤い杭が少しだけ見えています。この赤い杭が目印になります。

当ルートは、写真手前から赤い杭で右折していきます。






林の中の踏み跡を辿ります。











































分岐から約20分ほどで、黒越谷第二砂防ダムを越します。

















ダムの先には巨岩が転がり、標識もあります。










更に4〜5分進むと、小さな沢を越します。

























ササの生える踏み跡を辿ります。


























腐った倒木があり、左手には、斜面を上がっていく踏み跡があります。

此処で、1961(黒越谷第二西尾根)ルートの終点と出合います。

当ルートは直進します。
















分岐点から約30分弱で、堰堤に突き当ります。

堰堤に沿って進みます。


















堰堤に突き当たると、水場があります。





































登りきった堰堤の上部が、当ルートの終点です。

分岐点から此処までは、約30分です。






堰堤の遠景です。

写真手前と写真右手の階段道を結ぶ踏み跡は、

1903(黒越西谷)ルートで、少し進むと避難小屋があり、

更に進むと、「なかみ山・荒地山」方面に向かう道と出合います。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(1909)及び、当ルートと交差・分岐するルートも表示しています。

地形図1: 荒地山の北面にあるルート(北半分)




地形図2: 荒地山の北面にあるルート(南半分)



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 19のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system