調査日: 2015年 7月 4日


1913 黒越谷北尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1913   ・黒越谷北尾根 0.5  ・分岐(黒越谷東尾根)〜尾根筋〜ピーク〜谷筋〜分岐(黒越谷東尾根)


コースの概要

黒越谷の北側の尾根筋を辿るルートです。

芦屋カントリークラブに至る舗装道の途中で分岐し、尾根筋を辿り、ピークから谷筋を経て、黒越谷東尾根への分岐点のある舗装道に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします






















此処は、芦有ドライブウエイの「芦屋ゲート」です。

「阪急芦屋川」、「阪神芦屋」、又は「JR芦屋」から阪急バスに乗り、「芦屋ゲート」バス停で降ります。

バス停は、写真右手の下部辺りです。

写真左のガードレール沿いに前方に進みます。






芦屋ゲート左端のフェンスで区切られた舗装道を進みます。




















舗装道は直ぐに下り坂になります。

写真左の建物は、看板のない「蕎麦」屋です。

舗装道が合流しますが、直進し、右カーブします。
































右カーブすると、「ゴルフ橋」があります。

橋の直前で右折し、川沿いに進み、「東お多福山登山口」バス停に至るのが、2507(奥山新道)ルートです。






ゴルフ橋の右手にある標識です。

当ルートは、ゴルフ橋を渡り、「荒地山」方面に向かいます。

















ゴルフ橋を渡ると直ぐに、左折して沢に向かう踏み跡があります。

ガードレールが途切れ、標識があります。

此処が、1905(荒地山新道)ルートへの分岐点です。

















前の写真中央の標識の拡大です。

左折すると、「荒地山」方面に向かいますが、

当ルートは舗装道を直進します。






















少し進むと、ヘアピンカーブがあります。





































写真右端は、通り過ぎたヘアピンカーブです。

ヘアピンカーブから少し先まで進み、ロードミラー(写真左端)を当ルートの分岐点とします。

ロードミラー右側のササの葉が生えている辺りに踏み跡があります。此処から取り付き、尾根筋を目指します。






最初はササに覆われ手踏み跡は明確ではありません。

足元を確認しながら尾根筋に向かいます。


















直ぐに踏み跡が明確になります。




















分岐点から3分程進むと、尾根筋に乗ります。


























尾根筋付近には岩場があり、藪状態になっているところがあります。




















踏み跡は、尾根筋の右手斜面を進みます。

岩場のある尾根筋を回り込んで進んでいきます。

写真左上は尾根筋、写真中央付近の山腹に

残された踏み跡を辿ります。














此の写真は振り返って撮りました。

写真右の大岩を避けて、写真左手を登ってきます。


















分岐点から約15分、尾根筋を辿ります。


























分岐点から約20分、大岩を乗り越えていきます。




















尾根筋を辿ります。


























分岐点から約25分、小ピークを越します。


























分岐点から約30分、ピークに至ります。




















ピーク周辺は、地表が剥き出しになっています。




















南西方向に向かいます。

写真中央、石の間を通り降りていきます。



































直ぐに剥き出しの地表が広がります。

雨で土が流れ、踏み跡は明確ではありませんが、微かな踏み跡が右手方向にあるので、それを辿ります。






広がる山腹を降りていきます。




















左手上には稜線が見えていますが、

稜線には近づかないで、谷筋らしきところを辿ります。


















前方に舗装道が見えてきます。




















舗装道に接近します。

写真右端の樹の左手に、標識の裏側が見えています。


















標識の表側です。

黄色い「保安林」標識の先にある舗装道に出ます。



































木立を抜けて出てきた処は、ゴルフ場に至る舗装道です。

写真中央よりやや左の木立の中に、黄色い標識が少しだけ見えています。

写真右手の電柱には、標識「ヤマテ 100」があります。

当ルートは此処で舗装道と出合って終点となります。分岐点から此処まで40分弱です。






黄色い標識の反対側にある標識です。

ロードミラー、最徐行、ガードレールの切れ目、木の標識があります。


















標識の拡大です。

ガードレールの切れ目から、黒越谷に入っていきます。

此処は、1901(黒越谷東尾根)ルートが、舗装道から別れて、

山地に取り付く地点です。

また、1907(黒越谷ゴルフ道)ルートは、

舗装道をこのまま登っていき、ゴルフ場を経て、

0303(風吹岩〜雨ヶ峠)ルートに出合います。





コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(1901、緑色で表示)及び、当ルートと交差・分岐するルートも表示しています。

地形図1: 荒地山の北面にあるルート(北半分)




地形図2: 荒地山の北面にあるルート(南半分)



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 19のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system