調査日: 2015年 7月 2日


1963 黒越谷右俣

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
1963   ・黒越谷右俣 0.3  ・双ヶ石分岐(黒越西谷)〜谷筋〜分岐(黒越谷左俣)


コースの概要

黒越西谷と黒越谷左俣を結ぶルートです。

双ヶ石分岐から北東の谷筋に進み、湿地帯や池を経て、黒越谷左俣に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、「双ヶ石分岐」です。

写真右手に斜面を上がり、「なかみ山」に至るのが、1965(なかみ山北道)ルートです。

写真手前から来て「双ヶ岩」で左折するのが、1903(黒越西谷)ルートです。

当ルートは、双ヶ石を分岐点とし、写真正面の広い谷筋を下って行きます。






広い谷筋に入り、振り返って撮りました。

こんな雰囲気の谷筋をあがってくると、双ヶ石となります。


















道は徐々に細くなり、ササに囲まれた踏み跡を降りていきます。

ササに覆われ、踏み跡は隠れています。
























小さな沢を越えます。

此の辺りは湿地帯のようです。




















左手に池を見ながら進みます。


















ササに覆われ湿った踏み跡を辿ります。




















双ヶ石から、約12分ほど進んできました。

1909(黒越谷左俣)ルートと出合い、当ルートの終点となります。



































終点の目印になるのが、手書きで「28」と書かれた赤い杭です。

赤い杭の向こう側の踏み跡が当ルートで、写真左手と手前を結ぶのが、1909(黒越谷左俣)ルートです。







当ルートの終点から、1909ルートに入ると、

直ぐに小さな沢を越します。


































小さな沢から直ぐに、「黒越谷第二堰堤」に至ります。

当ルートの終点は、堰堤の直ぐ手前という位置関係にあります。



コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(1963)及び、当ルートと交差・分岐するルートも表示しています。

地形図1: 荒地山の北面にあるルート(北半分)




地形図2: 荒地山の北面にあるルート(南半分)



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 19のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system