調査日: 2012年 9月13日

2107 道畦谷中俣

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
2107   ・道畦谷中俣 0.8  ・中俣分岐〜荒地山新道出合


コースの概要

荒地山の南東、芦屋川につながる谷筋の一つが道畔谷です。

左俣、中俣、右俣の3つの谷筋、北尾根、東尾根の2つの尾根筋があります。

このルートは、中央の谷筋をよじ登るルートです。下りのルートは危険道です。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁のコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、2503(芦屋川右岸道)ルートの道畦谷砂防ダムです。

写真左手から降り、その奥に鎮座する巨石の横を進みます。


















直ぐに分岐があります。

写真中央の石で右折するのが、2503(芦屋川右岸道)ルート、

写真中央の石で左折するのが、2103(道畦谷東尾根)ルートとなります。

取敢えず、2103ルートに進みます。














左折する踏み跡は谷筋に向かい、直ぐに小さな沢を一跨ぎして、谷沿いの踏み跡を辿ります。

























道畦谷砂防ダムから此処まで、約7分程進んできました。

写真右端の大石、写真左の樹に巻かれたトラテープを目印に、分岐があります。

大石で左折し、トラテープから上り坂に進むのが、2103(道畦谷東尾根)ルートです。

当ルートは、写真右端の大石を分岐点とし、谷筋に入って行きます。














谷筋に降りると、古びたドラム缶が目に入り、左手奥には道畦谷第二砂防ダムの堰堤、

写真中央には、ダムを高巻く踏み跡が見えます。
























道畦谷第二砂防ダムを高巻く階段道を進みます。


























道畦谷第二砂防ダムを高巻きます。

左下にダム本体を見ながら、堰堤より少し上にある踏み跡を進んでいきます。

道畦谷砂防ダムから此処までは、10分強です。
















踏み跡は、ダムの左岸沿いを高度を徐々に下げながら、谷筋に向かいます。




















道畦谷砂防ダムから20分弱で、谷筋に降り立ちます。

写真下部の巨石が沢の真ん中に、その奥には、3m程の岩壁があります。

当ルートは、岩壁を直登します。

写真下部の巨石から右折するのが、2105(道畦谷右俣)ルートとなります。














前の写真の奥に見える岩壁に近づきました。

この岩壁を登る事で、本格的に谷筋に取り付きます。


















谷筋の傾斜はきつく、大きな石が所かまわずゴロゴロしています。

岩につかまり、木の根っ子に体重を預け、汗だくで登りました。

以前に当ルートを登った際にはなかったピンクリボンが要所にあります。

自分でルートを見つけながら登るのが楽しい人にはチョット残念かも知れません。




















下方向を撮った写真ですが、恐ろしさは表現できていません。

安全な場所からの写真となりますので、

傾斜の恐ろしさを伝えることができません。

下りで利用するルートでないことは断言しておきます。














岩がゴロゴロしていますが、安定状態と思いました。

しかし、何時新たな落石があるかも知れませんので、

常にどう対処するかを考えながら登ります。
















木の根っ子に体重を預けることが多くなります。

体重を預ける前には、信頼できる木の根っこかどうかチェックしてください。

安全な場所を確保し、木の根っこを引っ張ってみて

腐った木の根っ子でないこと等を確認しながら登ります。




















巨石・岩壁・急斜面との戦いが続きます。

無理に岩壁に挑戦せず、樹の多い安全ルートを選んでください。


















下方向を撮りました。

上りはともかく、とても下りに利用する気にはなりません。


















急斜面、巨石、岩壁を通りぬけ、ほっとする道に出ました。

最初の岩壁から40分ほど登りつめました。

しかし、此処からは踏み跡が明確ではありませんので、

落葉に隠れた道を探しながら進んでいきます。














北西方向を目指して、平坦地を進みます。




















程なく、巨木が目の前に現われます。

此処がコースの終点です。

樹の根っこを乗り越えると1905(荒地山新道)ルートに出合います。
















登ってきた方に向かって撮りました。

芦屋市の立入禁止の看板があります。

このルートを下りで利用することは大変危険です。

勿論、上り方向でも慎重に慎重に。











コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


荒地山・東側の尾根筋と谷筋の位置関係が分かるように、道畦谷の全ルートと、交差するルート(1905、2301、2503)も表示しています。




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 21のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system