調査日: 2012年 9月13日


2163 道畔谷東尾根〜道畔谷左俣

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
2163   ・道畔谷東尾根〜道畔谷左俣 0.2  ・分岐(道畔谷東尾根)〜道畔谷第三堰堤〜展望岩(道畔谷左俣)


コースの概要

道畔谷東尾根と左俣をつなぐ抜け道ルートです。

東尾根ルートから直ぐの分岐で谷筋に入り、道畔谷第三堰堤の直前で急登し、道畔谷左俣の展望岩に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、2103(道畔谷東尾根)ルートの分岐点です。トラテープが目印です。

写真右手に下ると、2107(道畔谷中俣)ルートに至りますが、

取敢えずは、東尾根ルートである写真中央の上り坂を進みます。


















上り坂を少し進むと、羊歯の密生した処に分岐があります。

写真右端の上り坂は、道畔谷東尾根ルートです。

当ルートは此処を分岐点とし、羊歯の左側に分け入ります。














直ぐに、小さな沢を渡りますが、右手の岩盤の間を水がわずかに流れています。



























ルートは急坂に差し掛かります。

ロープがないと登れない程の急坂ではありませんが、

手がかりになる樹もなく、足元が滑りやすくなっています。




















尾根筋に乗る前に、岩壁を越します。




















直ぐに、大きな白い岩が道の真ん中に横たわっています。

赤ペンキで薄く表示が残っています。

此処で、右折します。






















沢沿いに進みます。

トラテープがあります。


















少し進むと、前方に道畔谷第三堰堤がそびえています。

堰堤を越えずに、左手の斜面の踏み跡に進みます。


















踏み跡は、すぐに急坂になります。


























急坂の途中で振り返ると、道畔谷右俣の新しいダムが望めます。




















羊歯で覆われた急坂を上りつめていきます。

























ロープ場があります。


























巨石をかき分けて急坂を進みます。






























次いで、巨石が折り重なった壁を登ります。
















ロープが役に立ちます。

稜線が見えてきました。
























巨石を登り詰めると展望岩(勝手に命名)です。

前方に市街地が広がり、後方には荒地山が望めます。

此処で、2109(道畔谷左俣)ルートに出合い、当ルートの終点となります。

分岐点から此処までは、20分強です。














展望岩から眺めた荒地山の姿です。


























展望岩から眺めた市街地です。




















展望岩から眺めた、道畔谷右俣の新しいダムが、写真上部に見えます。

写真下部は、先ほど前まで行った道畔谷第三砂防ダムです。





















コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


荒地山・東側の尾根筋と谷筋の位置関係が分かるように、道畦谷の全ルートと、交差するルート(1905、2301、2503)も表示しています。




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)



このページの先頭に戻る


コード番号 21のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system