調査日: 2015年 6月20日


2361 奥高座谷〜荒地山岩尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
2361   ・奥高座谷〜荒地山岩尾根 0.1  ・2分岐(岩梯子西側岩場道)〜谷筋〜一本松(荒地山岩尾根)


コースの概要

城山尾根・岩梯子と高座谷を結ぶルートです。

岩梯子の少し手前から、岩と羊歯に囲まれた小道を下り、高座谷にぬけます。

高座谷からは色々なルートへとつながります。距離は短いが便利な道です。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、2311(奥高座谷・右俣)ルートの「奥高座滝」を登り切ったすぐ先の谷筋です。

写真中央に白く見える標識があり、2分岐しています。

標識の左手に進むのが、2367(奥高座谷・左俣)ルートで、黒岩方面に向かいます。

標識の右手に進むのが2311ルートで、谷筋を遡り、「プロペラ岩」、「荒地山頂上」に向かいます。






前の写真中央にある標識「C−4」です。




















当ルートの分岐点に至るまでは、

標識の右手の、岩がゴロゴロする谷筋を遡ります。


















此処は、地形図で示す、「プロペラ分岐」です。

「C−4」標識から約4分程で、この分岐に至ります。

2311(奥高座谷・右俣)ルートは此処で左折します。

2369(岩梯子西側岩場)ルートは、此処を分岐点に直進し、

荒地山南面の巨石をめぐるルートになります。

写真右上端まで進みます。










前の写真の分岐点のすぐ先に、写真中央の大きな岩があります。

此処は、地形図で「2分岐」と記す地点です。

中央の大岩と、その直前にある樹が目印です。

岩の左手を進むのが、2369(岩梯子西側岩場)ルートです。

当ルートは、写真中央の大岩を分岐点とし、写真右手の樹と羊歯の間を上ります。












羊歯が沢山あり、岩もゴロゴロしている中を上がります。


























急な上りです。

途中、左手に踏み跡らしきものがありますが、直進します。

左手が開け、岩肌が見えるところがあります。

黒く見える岩肌は、「ブラックフェイス」です。














踏み跡はありませんが、岩と羊歯乗り越えていきます。


























表土が流れて茶色になった処を登っていきます。


























前方に松の樹が見えます。

此処がルートの終点です。

分岐からゆっくり登っても5〜6分です。
















松の樹の先は、2301(荒地山岩尾根)ルートです。

写真左に進むと、直ぐに、「岩梯子」下に至ります。

写真右に下っていくと、「城山」方面に至ります。
















2301(荒地山岩尾根)ルートに立ち、振り返って撮りました。

雨で土砂が流され穿かれた道、むき出しの根っこ、一本松が目印です

当ルートは、松の樹の向こう側を下って行きます。



















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルートの周辺は大変輻輳しているので、周辺ルートも表示しています。

地形図に示す下記ルート番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

0303 2103 2301 2303 2305 2307 2311 2361 2367 2369 2371 2373 2375 2377 2903 2905



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 23のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system