調査日: 2014年 7月11日

2501 城 山

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
2501   ・城 山 0.7  ・城山分岐(中央稜)〜右岸道分岐〜見晴らし台〜城山


コースの概要

芦屋で最も南面に位置する手頃な散策ルートです。

正式名称は「鷹尾山」、標高は260m、中央稜から分岐し、ジグザク道を経て、頂上を目指します。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタ数字をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、0301(中央稜:阪急芦屋川〜風吹岩)ルートの途中、

芦屋川駅から芦屋川沿いに、5分程登った処です。

最初に見える山塊が、写真中央の城山です。

正式名称は「鷹尾山」ですが、通称は「城山」です。

写真中央の舗装道を道なりに上がっていきます。






























此処は、0301ルートから分かれて、当ルートに入る分岐点です。

0301ルートは左手を直進しますが、当ルートは写真右手に進みます。

写真中央には、分岐の標識があります。






「城山」の由来です。




















標識に従い右折し、コンクリート道に入ります。


























住宅地を進み、直ぐに左カーブします。




















左カーブすると、前方に、住宅の直ぐ横を通るコンクリート階段があります。

その先に、鉄柱の車止めがあります。


















これが車止めです。

中央を通りぬけ、右折し、山地に入ります。


















道は良く整備されています。

近隣の方々が、城山・山頂まで毎日登山で利用しているようです。




































山地に入り、最初に左カーブする地点です。

写真中央が左カーブする地点ですが、その右手に踏み跡があります。

2503(弁天岩:芦屋川右岸道)ルートは、此処を分岐点に右折します。






前の写真の左手にある標識です。

2503ルートは、「弁天岩方面」となります。

当ルートは、「城山・荒地山方面」に進みます。
















少し進むと、木橋を渡ります。




















木橋の直ぐ先が休憩所です。

切株が3つあるだけで、周りの景色が見えるわけではありません。


















更に少し進むと、ベンチがあります。

分岐点から約10分です。




































ベンチから見える、西宮・芦屋・神戸の市街地です。






木々に囲まれた静かな道が、ジグザグを繰り返します。




















緩やかな傾斜で、踏み跡が山頂まで続きます。




















TV電波塔、大きなヤマモモの樹が見えると、そこは城山の頂上です。






































分岐から此処まで約30分で、当ルートの終点となります。

標高260mの山頂は広場になっており、大きなヤマモモの木が生えています。

写真左にはベンチがあります。

休憩し談笑している人を、よく見かけます。






ベンチから見える神戸の市街地です。




















ベンチから見える六甲山です。

写真中央より少し右に茶色く見える山稜は、

2701(中央岩尾根)ルートです。


































城山・山頂から荒地山を目指すのが、2301(荒地山岩尾根)ルートです。

2301ルートは、写真左手に進み、馬の背と呼ばれる尾根道を経て、荒地山の南面を登り、岩尾根や「岩梯子」を経て、荒地山に至ります。







ヤマモモの樹の横にある標識です。
















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート及び近隣のルートも表示しています。


<阪急芦屋川駅〜高座の滝に至る周辺の地形図>

・・高座の滝付近は、ルートが集中しているため、次の詳細図で確認してください・・




<高座の滝周辺の詳細地形図>




<高座の滝〜風吹岩に至る周辺の地形図>




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 25のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system