調査日: 2012年 7月29日


2505 弁天岩(ドライブウエイルート)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
2505   ・弁天岩(ドライブウエイルート) 2.4  ・開森橋〜水車谷バス停〜弁天岩


コースの概要

芦屋川に沿うドライブウエイを弁天岩まで歩くルートです。

阪急芦屋川の直ぐ北の開森橋から芦有ドライブウエイに入り、全て舗装道路の道を弁天岩まで歩きます。

弁天岩に行くには、車が通らない芦屋川右岸道(2503)ルートという選択肢があります。



コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(弁天岩から阪急芦屋川に下るルートで紹介します)






此処は、芦屋と有馬方面を結ぶ道路です。

カーブNo5は、ドライブウエイと弁天岩の交点です。


















カーブNo5の標識の左から急登するのが、

2111(弁天岩〜道畦谷北尾根)ルートです。

立入禁止の札があります。特に、落石に注意して入山してください。
















先の写真の直ぐ左を下っていく道があります。

2503(弁天岩:芦屋川右岸道)ルートです。

車道を避けたいハイカーが利用するルートです。
















当ルートは、紹介した分岐は通らず、舗装道を下ります。

カーブNo5から下り始めると、直ぐに道は大きくカーブします。

写真中央に青色の標識、右端に道が見えます。
















青い標識の拡大です。




















前の写真で、右端に見えていた道の拡大です。

此処は、2507(奥山新道)ルートへの分岐点です。


















カーブNo6から直ぐに巨石が見えます。

弁天岩です。自動車と比べると巨大さが分かります。

緑の樹の陰にも岩塊があります。
















ドライブウエイをドンドン下っていきます。




















ドライブウエイから山腹に向かって、鉄梯子が架かっています。

此処は、1773(奥山水道)ルートへの分岐点です。

カーブNo5から此処までは、約10分です。






















1773ルートは、梯子を登り、写真中央付近を急登します。

当ルートはドライブウエイを下っていきます。


















ドライブウエイを更に下っていきます。

写真中央には青色の看板が、写真右手には濃紺の標識が見えます。


















濃紺の標識は、カーブNo12です。

カーブNo5から此処までは、約17分です。

写真下部のガードレールの切れ目が、

1703(柿谷西道)ルートへの分岐点です。














ガードレールの内側に入ると、柿谷道の案内図があります。




















カーブNo12から少し進むと水車谷バス停です。

1703(柿谷西道)ルートへは、このバス停がもっとも便利です。

カーブNo5から此処までは、約20分です。






















更に下ると山手町のバス停があります。

カーブNo5から此処までは、約25分です。
























更に下ると、開森橋の信号です。

当ルートの終点です。

写真中央奥の舗装道を下ってきました。

カーブNo5から此処までは、約35分です。




















開森橋から北の方角を撮りました。

中央の山は城山(2501)です。


















開森橋からは阪急芦屋川駅が見えています。

















注) ルートの状態に変化はないので、前回調査時点(桜の季節)の写真をそのまま使用しました。



コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(2505)と交差又は分岐するルートも表示しています。当ルートは濃い青色、他のルートは、識別するために色合いを変えています。


<弁天岩〜水車谷バス停付近の地形図>



<水車谷バス停〜開森橋付近の地形図>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 25のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system