調査日: 2015年 5月30日


2507 奥山新道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
2507   ・奥山新道 2.3  ・弁天岩(カーブNO6)〜山腹道〜芦屋ゲート〜ゴルフ橋〜沢沿道〜東おたふく山登山口バス停


コースの概要

芦有ドライブウエイの「芦屋ゲートから、有馬料金所」は、自動車しか通行できません。

当ルートは、芦有ドライブウエイを歩くことなく、「弁天岩」から「芦屋ゲート」を経て、「東おたふく山登山口バス停」を結びます。

弁天岩から芦屋ゲートまでは、芦屋川の左岸沿いを歩き、芦屋ゲートから東おたふく山登山口バス停までは、沢沿道を歩きます。

車に気を遣うことなく、鳥の声や沢のせせらぎを聞きながら歩きます。

又、東オタフク山登山口バス停から下山するつもりが、満席で乗車できないような時、このルートを下ってみてはいかがでしょうか。

尚、「弁天岩」と「阪急芦屋川駅」を結ぶルートは、2503(弁天岩:芦屋川右岸道経由)ルート、又は、

2505(弁天岩:ドライブウエイ経由)ルートで紹介しています。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタの数字をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、2503(弁天岩:芦屋川右岸道経由)ルートと、2505(弁天岩:ドライブウエイ経由)ルートの分岐点です。

写真中央の「カーブNo5」が目印となる標識で、「弁天岩」は写真中央の木々の向こう側に隠れています。

当ルートは、ドライブウエイを下り方向に進みます。























下り方向に約30m程進むと、ドライブウエイは右カーブします。

写真中央より左の石垣の上に、「カーブNo6」の標識があります。






右カーブしながら進むと、

低くなった石垣の端と、ガードレールの間に、

石階段が見えます。

当ルートは、此処でドライブウエイから離れ、

写真中央の石階段を登り、写真中央奥の沢に向かいます。

当ルートの分岐点は、石階段のある「カーブNO6」とします。










沢を渡ります。

以前は、石階段のすぐ先に、

大きな石が飛び石状にありましたが、

写真下部の1個を除いて流されています。

右岸側を少し上流側に進み、

水深の浅いところで沢を横切ります。










沢を横切る時、直ぐの上流側に、

鉄製のダムがあります。
























此処で、沢を横切ります。


























横切った後は、左岸沿いに少し下流側に戻り、

写真のように、赤いペンキマーキングのある処から斜面に取り付きます。

写真中央奥から踏み跡を辿ります。

分岐点から此処まで、約5分です。




















すぐに大きな岩壁がありますが、岩壁の下を回り込むように進み、

写真中央左の岩の切れ目を登ります。

その先に続く踏み跡を辿ります。

































分岐点から約10分、眼下にダムがあります。























分岐点から10分強で、1773(奥山水道)ルートと交差します。

左写真の左端に、草に隠れた標識が見えます。写真右が、標識の拡大です。






標識の示す「奥池 東お多福山へ」に進みます。

コンクリート道は、1773ルートですが、

写真右端奥に見える崖まで進みます。
















先の標識から見えている崖です。

此処で、1773ルートから別れ、写真中央の崖を登ります。


















山腹の踏み跡を辿ります。

大きな岩が転がっている処を通り、

時には、岩壁を乗り越えたりしながら進みます。
















沢筋を少しだけ登ることもあります。

水量は多くありません。
























沢筋の途中で、踏み跡は左手にカーブします。




















写真中央奥に見えるのはダムです。


























ダム前で、沢を横切ります。

分岐点から此のあたりまで、約30分です。


















山腹の踏み跡を辿ります。


























分岐点から約35分、コンクリート壁の直ぐ横を通ります。


























左前方に、「芦屋ゲート」が見えます。




















分岐点から約40分、下り坂の途中で、

1709(石仏谷)ルートへと交差します

当ルートは左の下り坂に進みます。
















大きなダムの前、沢を横切ります。


























沢の右岸側から下流に進み、

ドライブウエイの橋の下を潜り抜けます。

分岐点から此処まで約45分です。






















橋の下を抜け、石垣沿いに進むと、直ぐに、舗装道があります。

左折すると、ドライブウエイに合流するので、

右折し、石垣沿いに進みます。





































舗装道に立ち、振り返って撮りました。

写真中央奥に見える橋の下をくぐり、手前に進んできました。

標識「弁天岩を経て阪急」は、当ルートを指しています。






石垣に沿って進みます。

石垣の上は、「芦屋ゲート」前の駐車場、バス停になっています。


















写真右手奥から手前に進み、振り返って撮りました。

フェンス沿いに上ると、芦屋ゲートのバス停、駐車場、トイレに行けます。



































分岐点から約50分、「ゴルフ橋」です。

直進してゴルフ橋を渡り、直ぐの分岐に入っていくのが、1905(荒地山新道)ルートです。

橋を渡り、直ぐの分岐を通り越して舗装道路を道なりに進み、次の分岐で左折するのが、1901(黒越谷北尾根)ルートとなります。

当ルートは、橋の手前で右折します。






前の写真中央にある標識の拡大です。

当ルートは、標識:「奥池遊びの広場 東お多福山」の示す方向に進みます。
























踏み跡を辿ります。

写真左下は沢です。


















水量豊富な沢です。




















写真右は、人は通行禁止のドライブウエイです。

写真中にある樹の左手にある踏み跡を辿ります。


















1つ目のコンクリート橋を渡ります。

この後、何度か橋を渡ります。

踏み跡はその度に、右岸側に、または、左岸側に変わります。

ゴルフ橋から此処まで、約5分です。














鳥の声、せせらぎの音を聞きながら、

草深い踏み跡を辿ります。


















2つ目のコンクリート橋ですが、

草に覆われているので、見過ごすかもしれません。


















3つ目のコンクリート橋です。




















林の中を進みます。

時々、自動車の走行音が聞こえることがあります。


















4つ目のコンクリート橋です。

ゴルフ橋から此処まで、約15分です。


















踏み跡を辿ります。




















5つ目のコンクリート橋です。




















ガードレールの横を通ります。

左下は沢ですが、草が繁茂し、音だけが聞こえてきます。

ゴルフ橋から此処まで、15分強です。

































写真左はガードレールの終端で、その先には標識があります。右写真は標識の拡大です。

右折し、1歩上がります。






1歩上がると、舗装道があります。

この舗装道は、ドライブウエイから分岐し、住宅街へとつなぐ道です。

当ルートは、写真中央奥まで舗装道を進みます。

写真左のガードレールは、写真中央奥で途切れます。































ガードレールの途切れる処に標識があり、山地に向かう踏み跡があります。






標識の奥にあるのは、ガス会社の管理施設です。

建物横の踏み跡を辿ります。

ゴルフ橋から此処まで、20分弱です。
















踏み跡を辿ります。


























ドライブウエイが頭上を走っています。


























6つ目のコンクリート橋を渡ります。

ゴルフ橋から此処まで、25分弱です。

橋を渡ると、靴が濡れる程度の沢筋を歩きます。
















沢筋には石ころが広がっています。

写真には写っていませんが、前方奥にダムがあります。

また、写真中央付近に分岐があります。

ルートは、沢から別れて左折し、斜面を上がっていきます。














ジグザグする踏み跡を辿ります。





































ダム前を右岸側に抜けます。

ゴルフ橋から此処まで、約30分です。






ダム側のフェンスを右に見ながら進みます。





































直ぐに山地を抜け出し、住宅地の中に入っていきます。標識があります。

写真中央を、突き当りまで直進します。























突き当りの正面に標識、その右にロードミラーがあります。

標識で右折し、バス停に向かいます。






直ぐに石階段があり、

石階段を登り切ると、ドライブウエイに至ります。



































ドライブウエイです。標識が右手にあります。

写真中央奥に進むと有馬方面になります。中央奥にはバス停があります。






阪急芦屋川方面に向かう、

「東おたふく山登山口バス停」です。

ゴルフ橋から此処まで、約35分です。

弁天橋からゴルフ橋までは約50分です。































「阪急芦屋川」方面を見て撮りました。

当ルートは、写真中央のガードレールに囲まれた約2m幅の舗装道を下っていきます。























バス停からドライブウエイを撮りました。

写真右手は、「有馬」方面、左手は「阪急芦屋川」方面です。

写真中央に電話ボックスが見えています。その左手に案内板、その左に、有馬方面行のバス停があります。

写真右手の自販機の奥を右折すると、1303(蛇谷林道)ルートとなります。

林道を進むと土樋割峠に至り、蛇谷北山、東オタフク山、最高峰に至る七曲り道などへのルートにつながります。



コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る

当ルート(2507)と交差又は分岐するルートも表示しています。


地形図1: 東オタフク山バス停〜ゴルフ橋まで




地形図2: ゴルフ橋から弁天岩まで




地形図3: 弁天岩付近の拡大図



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。


 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。


  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号25のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system