調査日: 2015年 6月 4日

3503 横池南道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
3503   ・横池南道 0.6  ・打越山分岐(中央稜)〜巨石群〜分岐(八幡谷東道)


コースの概要

横池の南西に転がる巨石をめぐるルートです。

風吹岩の北で分岐し、起伏の緩い尾根筋を歩きます。途中、横池を見下す辺りで、巨石がゴロゴロする処を経て、八幡谷東道に至ります。

巨石の上に寝そべったり、雲の流れを見つめ、市街地を眺めながら一時の静寂を楽しめるルートです。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。







0303(風吹岩〜雨ヶ峠)ルートの「風吹岩」から北に進んで約3分、2分岐があります。

写真右端は、「雨ヶ峠」方面に向かいます。

目印は、写真中央にある「3つ並んだ石」、その奥に「数本固まった樹」です。















前の写真の左端に近づいて撮りました。

写真中央付近に踏み跡があり、その右に標識があります。



































上の写真の標識の拡大です。標識下段の「打越山」方面への表示が殆ど消えかかっています。

此処が当ルートの分岐点で、「打越山」方面に進みます。






最初は上り、直ぐに平坦道となり、右手から、「横池」で集う人の声が聞こえてきます。




















道の行く手を遮るような巨石です。




















緩やかなアップダウンをしながら西に向かいます。




















巨石が座っています。




















風化した砂道を下ります。




















横池(雄池)が右手に見えます。




















蓮の花が咲いていました。(望遠撮影です)




















正面の岩場を登ります。

岩場の右手にも緩やかな道があります。


















岩場を登り詰めます。


























風化した山肌の上に大きな岩と松の木があります。

此処が展望ポイントです。



































南の方向には、稜線の向こうに、神戸の市街地と港の光景が広がります。























東と北の方向にも稜線が続きます。

写真右手の鉄塔は「風吹岩」、その右下に芦屋市街地が見え、写真中央から左端にかけては、荒地山の巨石群が見えます。






西に向かって進みます。

全体に、緩やかなアップダウンが続きます。


















巨石です。




















巨石の上に巨石が積み重なっています。




















寝そべることもできる巨石です。




















砂地の露出した処を下ります。




















少し進むと、別の巨石群に出合います。

写真1枚に収まりきらない広がりのある巨石です。


















写真中央付近の巨石のそばから通り抜けます。




















踏み跡を辿りながら下ります。


























踏み跡側の巨石です。





















「横池(雌池)」のすぐ傍を通ります。



















写真右上の踏み跡から降りてきて、振り返って撮りました。

写真中央左奥の白く見えるのは、横池(雌池)です。

標識は、進んできた方向を指しており、

当ルートは直進します。














前の写真の標識から直ぐに分岐があります。

右折する登坂に進むと、パノラマ道に1分足らずで出合います。

当ルートは、写真左端を下っていきます。
















明確な踏み跡を進みます。


























平坦道から登り坂を経て、3767(八幡谷東道)ルートに出合い、

当ルートの終点となります。

3767ルートは、標識「パノラマ道」に向かいます。
















前の写真の標識の拡大です。

巨石群がある方向を、「横池(雌池)」が示しています。

分岐点から此処まで、巨石群を通り過ぎるだけなら25分位です。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(3503)と交差又は分岐するルートも表示しています。





































 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 35のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system