調査日: 2015年 4月17日

3719 保久良梅林西尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
3719   ・保久良梅林西尾根 0.6  ・天上川公園・禊橋〜西尾根〜保久良梅林〜梅林分岐(保久良道)


コースの概要

保久良梅林を歩くルートです。

岡本・八幡神社から川沿いに進み、山地に入り、梅林を経由して、保久良山道ルートに出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(梅林を通り、禊橋(みそぎ橋)に下りてくるルートで紹介します)























此処は、3501(保久良道)ルートの、保久良神社から金網沿いに進み、突き当りにある案内板です。

案内板で右折すると、金鳥山・風吹岩方面にに向かいます。

当ルートは、案内板を分岐点とし、左折します。






直ぐに下り坂になります。




















階段道の広幅の道を降りていきます。

この写真は、階段道の途中で、振り返って撮りました。

楓の樹が沢山あります。
















前方に梅の樹と休憩所が見えてきます。




















分岐点から3〜4分で、

平坦地になった休憩所に至ります。ベンチが沢山あります。

人に慣れたイノシシがよく出没します。

食べ物には敏感なので注意が必要です。

毅然とした態度、食べ物を与えない、声をだして追い払うなどが

イノシシと人間との適当な距離を保つ秘訣です。



























保久良梅林です。(梅の季節に撮った写真です)























平坦地から一段降りた処にも、休憩ベンチ等が整備されています。






少し降りてくると2分岐があります。

写真中央の樹の左手を登っていくと、

保久良神社の石鳥居に至ります。

当ルートは、樹の右手の踏み跡を辿ります。














直ぐに、右手に枯れた谷筋が迫り、

左手には、石垣が見えてきます。

石垣の下端(写真中央)から、石垣の向こう側の踏み跡に進みます。
















石垣を越してから振り返って撮りました。

写真中央奥から左下に降りてきています。

石垣の右手に沿う踏み跡を辿ると、保久良神社の石鳥居に至ります。
















保久良神社の石鳥居に至る踏み跡です。




















大石のそばを通ります。




















木の根っこや石の転がる道を下ります。

この写真は振り返って撮りました。


















分岐点から約10分、堰堤を越します。




















又、木の根っこや石の転がる道を下ります。




















大きな石がゴロゴロする側を降りていきます。




















小さな堰堤を右手に見ます。




















住宅地に近づき、前方に川筋が見えてきます。




















写真中央を降りていき、川筋沿いの広幅道に出合います。

分岐点から此処まで、約15分です。


















広幅道に出合い、振り返って撮りました。

写真右端の踏み跡を降りてきました。

逆コースの場合は、コンクリート道になる直前に右折することになります。
















川沿いに降りてきます。




















小さな公園の中を通り抜けます。

遊具の間を抜け、公園内を進みます。



































写真右端は、公園の出口となる階段です。

階段を降りてまっすぐ進むと「禊橋」(みそぎばし)、その先が、「岡本・八幡神社」です。







禊橋です。此処を当ルートの終点とします。

橋の向こうの右手は、八幡神社の境内です。

分岐点から此処までは、約20分です。

此処で、3705(八幡谷)ルートに出合います。













禊橋から公園を撮りました。

逆コースの場合は、写真中央の石階段を登り、

公園内を横切り、川沿いの広幅道を上がっていきます。













コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(3719、地形図2に緑色で表示)と交差又は分岐する主要ルートも表示しています。

地形図1: 関連ルートの北半分




地形図2: 関連ルートの南半分



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 37のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system