前回調査日: 2012年 7月29日
今回調査日: 2016年12月29日

3905 住吉谷左岸道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
3905*   ・住吉谷左岸道 0.8  ・東谷橋(住吉道)〜住吉谷左岸道〜分岐(甲南パノラマ道)


コースの概要


住吉谷の左岸を五助ダム手前の分岐まで歩くルートです。

五助ダムへは、通常は住吉川の右岸を歩きますが、このルートは、住吉川の左岸を歩きます。

右岸と比較すると、左岸は高低差が少なく、緑も多くあります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、0325(住吉道)ルートの分岐点から約20分、舗装道から山道に代わる地点です。

写真中央より少し右で2分岐があり、0325ルートは上りの細い踏み跡に入ります。

当ルートは、此処を分岐点とし、写真右端の小屋前を直進し、突き当りで右折します。




















前写真の左端にある標識です。





























小屋前を進み、突き当りで右折、眼の前に、「東谷橋」があります。






橋から住吉谷を見下ろすと、

水量が豊富な流れが見えます。


















東谷橋を渡って左折し、緩い傾斜の踏み跡を辿ります。

人家がありますが、廃屋のようです。

ジグザグしながら登っていきます。






















分岐点から約5分、平地があります。

写真右手の踏み跡を辿ります。



































分岐点から約10分、板を渡しただけの小橋を渡ります。






更に2分進むと、再び、小橋があります。





































小橋のすぐ先に、2分岐があります。当ルートは、右手の踏み跡を辿ります。

左手の踏み跡の入り口に、水車小屋で使われていたような石車があります。






トタン板沿いに進みます。





































分岐点から約15分、平地があります。写真中央二はコンクリート電柱があり、電柱の後方に白く見えるのはダムです。

当ルートは、コンクリート電柱で右折し、ダムに向かう踏み跡を辿ります。






平地の方に進むと、「五助ダム」に向かうという手書きの標識があります。

此の標識は無視します。


































ダム前にある小橋を渡ります。










踏み跡を辿ります。


























分岐点から約20分、

「森づくり」の標識がある平地をぬけます。









































分岐点から約22分、登り一辺倒で進んできましたが、下り坂になります。

写真右は、下り坂にある階段と石垣です。人が住んでいた雰囲気が残っています。






分岐点から約25分、

山腹を縫うように踏み跡が続きます。

踏み跡は、石積みで補強されています。
















分岐点から約27分、

踏み跡を塞ぐ倒木を乗り越えて進みます。


















分岐点から約30分、

杉の植林地が始まります。

写真右手の人工の溝の中を進みます。
















人工の溝は直ぐに終わり、落ち葉に埋もれた踏み跡を辿ります。


























前方に標識が見えてきます。

写真右端の立木の向こう側が標識です。

当ルートは、標識にて、3703(甲南パノラマ道)ルートに出合い、

終点となります。

分岐点から此処まで、約35分です。












この写真は、写真右手奥から手前に進んできて、

3703ルートの標識で振り返って撮りました。

写真左の上り階段道が、3703ルートです。
















3703ルートです。

この階段道を上がっていくと、打越山方面に至ります。
































前写真の左端にある標識の拡大です。









コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(3905)と交差又は分岐するルートも表示しています。




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 39のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system