調査日: 2012年 6月10日

4101 油こぶし森林管理道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4101   ・油こぶし森林管理道 1.1  ・森林管理道分岐(油こぶし道)〜管理道〜油コブシ道出合


コースの概要

油コブシの南に位置する斜面の森林管理道をめぐるルートです。

油コブシの登山道を一旦離れて、斜面の水平道を進み、その後、斜面をジグザグに上り、再び油コブシ道に合流します。

コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタ数字をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、0719(油こぶし道)ルートの2番目の鉄塔右手から、緩い道に入ってすぐの

案内板のある処です。

案内板の左手から、緩い道の上り坂が始まります。

写真右下に標識が見えます。














前の写真に標識の拡大です。

此処が、当ルートへの分岐点です。

「渦ヶ森団地」の示す方向に進みます。






















暫くの間、水平道を歩きます。




















落葉が積もり、緑豊かな道が続き、鳥のさえずりが耳に心地よく響きます。




















高羽道の標識がありますが、森林管理道として紹介します。




















水平道をドンドン進みます。


























標識のある十字路分岐点です。

写真右端から来ました。

標識で右折する上り坂は、坊主山方面に向かう4111(坊主山北〜寒天山道)ルートです。















十字路分岐点で、直進方向を撮りました。

直進すると、上と同じく4111ルートで、寒天山道方面から来て、

此処で左折し、坊主山方面に至ります。

















此処は、十字路分岐点で左折方向です。

石の標識と木株の休憩椅子が2つ並んでいるのが目印です。

当ルートが進む方向です。
















木株を前に見て、左折方向の斜面を見上げると、踏み跡が見えますので、

そちらに進みます。


















直ぐに明瞭な上り道となり、ジグザグに登っていきます。




















落葉が足に心地よい道を暫く進みます。

しかし、道幅は狭く、斜め気味です。

斜面から滑り落ちないように気を付けます。
















前方に踏み固められた油コブシ道が現われます。

此処が当ルートの終点です。

分岐点から此処まで、約20分です。
















油コブシ道から、森林管理道を撮りました。




















119番通報プレートが目印です。

又、油コブシ道は此処から急勾配の階段道を上り、東屋とベンチに至ります。















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る

当ルート(4101)と交差又は分岐するルートも表示しています。

当ルートは濃い青色で表示します。他のルートは、識別するために色合いを変えています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。
 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 41のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system