調査日: 2014年10月 9日

4311 山羊戸渡

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4311   ・山羊戸渡 1.2  ・山羊戸渡登山口〜尾根筋〜633ピーク〜尾根筋〜自然の家



コースの概要

長峰山の北に位置する尾根筋をめぐるルートです。

六甲ドライブウエイ(旧道)の登山口から尾根筋に取り付き、岩場ありの傾斜のきつい尾根道を急登し、神戸市立「自然の家」に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします、






此処は、六甲ドライブウエイ(旧道)の山羊戸渡登山口、当ルートの分岐点です。

4369(六甲ケーブル下駅〜山羊戸渡登山口)ルートに入り、約30分で此処に至ります。

車止めの鉄杭と「表六甲0.8」の標識(写真右端)があります。

鉄杭の内側に入り、沢に沿って上流方向に進みます。
















沢沿いに1分も進まないうちに、コンクリートを打った台地があります。

此処から、沢に向かって斜面を降ります。


































2m程斜面を降りると、沢が合流しています。

写真右手に都賀谷、写真左手に西谷、写真中央に尾根尻があります。






右手の沢の少し上流側を見ると、石垣で作られた砂防ダムが見えます。




















左手の沢、西谷です。

入口は広くなく、奥には砂防ダムが見えます。

この沢を遡るのが、4317(西谷)ルートです。






















2つの沢に挟まれた、尾根尻です。

大きな石に、赤いペンキマーキングがあり、尾根筋を辿る踏み跡があります。

沢を離れ、此処から尾根筋を辿ります。






















尾根筋には露岩地帯もあり、大変急峻です。

















































何度か、岩場を乗り越えながら高度を上げていきます。






小ピークです。

分岐点から此処まで、約20分です。


















小ピークからの急な下り坂です。




















下り坂を下り、振り返って撮りました。

危険ではありませんが、スリップしない様に、足元を確認しながら降ります。
























一旦下り、直ぐに、上りの尾根筋に変ります。











































岩場を乗り越えます。






六甲ドライブウエイが見えます。(ズームで撮っています)




















岩場を越します。




















尾根筋を登り続けます


























小ピークです。





















此処は痩せ尾根になっており、ロープが渡してあります。

分岐点から此処までは、約40分です。

















尾根筋を辿ります。


























633mピークです。

分岐点から此処まで、約45分です。


















小ピークです。




















小ピークの左手に支尾根がありますが、枯れ枝が置かれています。




















枯枝を左に見ながら、急な下りに入ります。




















前の写真から下ると、前方は大きな岩塊のピークがあります。

ルートは、ピークへの登りを避け、写真左手から

岩塊ピークを回り込んでいきます。
















回り込んだ先は、3m近い、垂直の岩場があります。

足を掛ける処が少なく、架かっているロープに頼って、岩場を降ります。


















この写真は、岩場を越してから、振り返って撮りました。

写真中央の松の木からトラロープが下がっているのが見えます。

足場の引っかかりが少ないので、完全にロープに頼ってしまいます。

この岩場の下りは、ほんの一瞬ですが難渋します。

分岐点から此処までは、約60分です。


















小ピークです。




















先の岩場から3分程で、ササの植生に変わります。




















2分岐していますが、直ぐに合流します。

右手は斜面から入り尾根筋に登り、

左手は、尾根筋を辿ります。
















標識を通り過ぎ、振り返って撮りました。

オリエンテーリングの標識でしょうか。

















分岐点から此処までは、約70分です。

「自然の家」の看板と、コンクリート柱があります。

右に行けば自然の家、左に行けば長峰山又は杣谷峠方面です。

疲れた人は、右折し、自然の家のエントランス広場を経て、ドライブウエイに至ります。

左折するルートは直ぐに分岐があり、杣谷峠(そまたにとうげ)は右折、天狗塚は左折です。

此処から杣谷峠までは、アップダウンを繰り返し、約15分程度です。












自然の家に向かって下り坂を進むと、赤と黄色の標識があります。

標識で左折し、エントランス広場に降りていきます。

















エントランス広場の真ん中を突っ切っていきます。

写真中央を奥に進みます。



















エントランス広場の先は、

0107(市ケ原〜六甲山記念碑台)ルートです。

















ドライブウエイから、「自然の家」入口を撮りました。

此処を、当ルートの終点とします。

分岐点から此処まで、約75分です。












コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(4311、緑色で表示)及び、当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 43のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system