調査日: 2013年 1月 8日


4503 杣谷峠〜桜谷出合

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4503   ・杣谷峠〜桜谷出合 1.3  ・杣谷峠〜新穂高分岐(上)〜谷筋〜新穂高分岐(下)〜谷筋〜桜谷出合


コースの概要

歴史の道:徳川道を歩くルートです。

徳川道は、外国との摩擦を避ける迂回路として神戸市・東部から明石に至る道といわれています。

此処では、杣谷峠から桜谷出合までの下り道を紹介します。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






杣谷峠です。

此処までは、4501(杣谷道)ルートで紹介しています。

この標識の前にはドライブウエイがあります。

ドライブウエイを、西の方向・摩耶山方面に向かいます。














大きな石の柱に囲まれた分岐があります。

石柱の左側には、「穂高湖」と刻まれています。

石柱の間を下っていきます。

杣谷峠から此処までは、約5分です。














直ぐに分岐があります。

徳川道を選び、左折します。

直進すると、7909(シェール道)に至ります。






















直ぐに下りの階段道になります。




















古めかしい歴史を感じさせるような杉の木の間を進みます。




















直ぐに分岐です。

左手は摩耶山方面です。

アゴニー坂の少し西側にでる道です。

杣谷峠から此処までは、約10分です。














当ルートは、コンクリート柱の右を下っていきます。




















右手の斜面に、笹の中を斜めに進んでいく踏み跡があります。

4905(新穂高)に向かう上側の分岐点です。

杣谷峠から此処までは、約15分弱です。
















踏み跡の右手、杉の樹に、新穂高登山口の標識があります。




















新穂高には分岐せずに直進すると、石畳の道が続きます。




















ダムが右手に見えます。

杣谷峠から此処までは、約20分です。


















木橋を渡ります。




















小さな川を渡ります。

杣谷峠から此処までは、約30分弱です。


















川を渡った直後に、右手を見ると登っていく踏み跡があります。

此処は、4905(新穂高)ルートへの下側の分岐点です。

当ルートは直進します。






















コンクリートブロック橋を渡ります。




















直ぐに、4763(徳川道〜シェール道)ルートの分岐点があります。

杣谷峠から此処までは、約35分弱です。


















石畳の道を下っていきます。

せせらぎの音が耳に心地よく響きます。


















大きな流れに出合います。

桜谷出合です。此処が当ルートの終点です。

写真中央の石伝いに渡ると布引方面に向かいます。

4717(二十渉〜摩耶掬星台)ルートで紹介しています。

杣谷峠から此処までは、約35分です。












前の写真で、川を渡る直前に設置してある標識です。
























コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(4503、緑色で表示)と交差又は分岐するルートも表示しています。他ルートも色合いを変えています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 45のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system