調査日: 2013年 3月 7日


4513 箕岡東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4513   ・箕岡東尾根 0.7  ・杣谷堰堤〜尾根筋〜旧摩耶ホテル〜摩耶ケーブル上駅


コースの概要

杣谷側から摩耶ケーブル上駅をめざすルートです。

杣谷堰堤から東尾根に取り付き、急坂を一気に上り、旧摩耶ホテルの横を通りぬけ、摩耶ケーブル上駅に至ります。

杣谷堰堤傍の登山口には通行止めの標識があります。また、旧摩耶ホテルの直ぐ横を通り抜けます。

摩耶ケーブル駅へは、駅と旧摩耶ホテルの間にある駅の鉄柵を乗り越えて入ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(摩耶ケーブル上駅から、杣谷堰堤に下るルートで紹介します。






摩耶ケーブル上駅の東端です。

鉄柵を乗り越え、旧摩耶ホテルに通じるコンクリート階段を降ります。

調査日時点では、ケーブル駅構内は塗装中でした。

此処では、堂々とした説明ができません。

ケーブル乗降客・駅員の誰もがいないタイミングを図り、白い鉄柵を乗り越えます。


立入禁止とは明示されてはいませんでしたが、

口頭で、入ってはいけない場所である旨注意されたことがあります。








階段を降りていくと、旧摩耶ホテルの北側に出ます。

旧摩耶ホテル内は危険なため、絶対に立ち入らないように。

コンクリート片の落下などがあり得ますので、旧摩耶ホテル横を素早く通り抜けます。
















直ぐに旧摩耶ホテルの東側の階段が見えます。

写真右半分が階段で、写真中央付近を通り抜けます。


















踏み跡があります。




















左手に、黄色と黒の工事機材があり、写真中央奥から下っていく踏み跡ががあります。

4563(摩耶東谷・南尾根)ルートへの分岐が、写真中央の辺りです。

当ルートは直進します。
















直ぐに開けた平坦地に出ます。

Y字型の樹が目印です。

この辺りが、4515(摩耶ケーブル・第一東尾根)ルートへの分岐点です。

但し、4515ルートの下りは危険です。

当ルートは直進します。












道は一気に下り道となり、杣谷堰堤まで急降下します。

滑りやすい道が続き、長いトラロープが随所にあります。


















第一鉄塔です。

写真中央には、樹の間から、第二鉄塔が見えています。


















トラロープを利用しながら急降下道を下ります。




















第三鉄塔が左手に見えます。




















まだまだ急降下します。





















堰堤が見え、柵止めがあります。



















柵止めの裏には「通行止め」標識があります。

此処で、4501(長峰堰堤〜杣谷峠)ルートと出合い、当ルートの終点となります。

摩耶ケーブル上駅から此処までは20分でした。

通行止めの理由は、崩落の危険がある旧摩耶ホテルの側を通らせないためでしょう。

ルートのほとんどが鉄塔巡視道なので、危険ではありません。












通行止めの標識の右手は、杣谷堰堤です。

















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


東側は山寺尾根、西側は上野道に挟まれた「摩耶東谷」の尾根筋と谷筋ルートを表示しています。当ルート(4513)は、橙色で表示しています。

尚、行者滝周辺には多くの地形ポイントが集中していますので、2枚目の地形図を参考にして下さい。




<行者滝の近辺を拡大した地形図です>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 45のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system