調査日: 2013年 3月24日


4517 摩耶ケーブル第二東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4517   ・摩耶ケーブル第二東尾根 1.0   ・貧乏川起点〜尾根筋〜鉄塔〜旧摩耶ホテル


コースの概要

摩耶ケーブルと長峰川の間に2つの尾根(第一東尾根、第二東尾根)があります。この尾根を上るルートです。

第二東尾根は、貧乏川起点から尾根筋を急登し、送電線鉄塔下を2回通り、ケーブル線の直ぐ傍を通り、旧摩耶ホテルに至ります。

貧乏川から尾根に取り付くところは、踏み跡のない斜面を、木々にすがり付きながらよじ登り、尾根に辿り着いても、踏み跡は明確でありません。

下りでは、最後の急斜面を降りる時の手がかりが少なく、滑落の恐れがあります。上りにしろ下りにしろこのルートは危険とします。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、「摩耶ケーブル下」バス停です

4701(上野道)ルートは、バス停を分岐点に、西に向かいます。

4515(摩耶ケーブル第一東尾根)ルートは、バス停を分岐点とし、東に向かいます。

当ルートは、4515ルートに進み、直ぐに分岐します。














バス停から東に向かい、一つ目の四つ辻です。

「摩耶ケーブル下」バス停が、中央奥に見えます。


















四つ辻の北向きの道路です。

住居番号表示板があります。

当ルートは、此処を分岐点に、写真中央の茶色の建物に向かいます。

なお、4515(摩耶ケーブル第一東尾根)ルートは、下り坂を、更に東に進みます。














茶色の建物の北端で右折し、直ぐに左折し、駐車場の中を進みます。

私有地の中を通過することになります。



















駐車場の中央を、突き当りまで進みます。




















突き当りは、高さのある岩場のある谷筋、その手前は平地になっています。

谷筋の左手に標識があり、「貧乏川起点」とあります。























貧乏川起点の左手には椿の樹があります。

その向こうには急斜面が見えます。

4571(十三丁石〜貧乏川起点)ルートは、此処を分岐点に、尾根筋を経て、

4701(上野道)ルートの途中にある「十三丁石」に至ります。














当ルートは、貧乏川起点標識の右手から、貧乏川を渡ります。

直ぐに、写真中央付近から写真左上に続く、崖状の急斜面をよじ登ります。


















急斜面は、砂地がむき出しで、手がかりになる樹も少なく、気が抜けません。

木の根などを見つけながら、滑落しないよう注意しながら、よじ登ります。























5〜6分の間ですが、緊張が続きます。

この辺りを下りルートで降りていくことは危険です。
























少しの我慢で傾斜が緩くなりますが、落葉が多く、滑りやすい斜面が続きます。

後ろを振り返ると、滑り落ちる恐怖を感じます。

上りはともかく、下りはとても降りてこれるような斜面ではありません。
















急斜面を登りきり、稜線に立ちました。

踏み跡はありません。

尾根筋に沿って忠実に登り続けます。
















鉄塔に出会います。

3方向に送電線が交差する鉄塔です。


















トラロープがあります。

鉄塔・送電線の維持管理の人々の安全確保のためのトラロープと思います。

麓から歩いてくる人は想定していないと思われ、

鉄塔巡視の区間のみ、踏み跡とトラロープがあります。














土砂崩れ防止の石垣でしょうか、綺麗に整備されています。




















次の鉄塔です。




















尾根に沿って登り続けます。

踏み跡もマーキングもありません。



















平坦な場所に出ました。左手を見るとケーブル線路が見えました。

調査日時点では、摩耶ケーブルは休業中なので、試運転と思います。

緑色から小豆色に、お色直しをしたようです。















右手に踏み跡があるので、そちらに進みます。


























平坦地を右に進むと直ぐに旧摩耶ホテルがあります。

立入禁止です。


















旧摩耶ホテルに近づかず、直ぐ左手の斜面に取り付きます。

上を見上げると、緑色のポールが見えるので、それを目標によじ登ります。























摩耶ケーブル駅から旧摩耶ホテルに通じる階段道に出合い、当ルートの終点となります。

貧乏川起点から此処までは、約55分でした。


















階段を上り、摩耶ケーブル上駅へは、この鉄柵を乗り越えるしかありません。

写真中央には注意書きがあります。

駅員と出合うとトラブルのもとになりますので、ご注意ください。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


摩耶ケーブルと長峰川に囲まれた範囲にある3ルートを中心に表示しています。当ルート(4517)は、水色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 45のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system