調査日: 2013年 3月 7日


4563 摩耶東谷・南尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4563   ・摩耶東谷・南尾根 0.2  ・行者滝〜堰堤〜尾根筋〜分岐(箕岡東尾根)


コースの概要

摩耶東谷と、摩耶ケーブル上駅を結ぶルートです。

摩耶東谷の行者滝から支流に入り、尾根を駆け上がって、箕岡東尾根に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁のコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、4511(摩耶東谷)ルートの「行者滝」です。


























滝を右に見て、岩壁道を直進し、支流に入ります。

当ルートの分岐点は、岩壁道が2分岐する処です。


















直ぐに小さな堰堤を右側から越します。

細くて滑りやすい道です。

写真の右端はロープです。
















堰堤を越すと、谷が右と左に分かれています。

左は草が多く、行く手を阻むようです。

右の谷は、4566(摩耶東谷・左俣)ルートです。
















前の写真にある看板の拡大です。

看板を右に、正面の斜面を見ると、踏み跡があることに気づきます。

この踏み跡を登ります。
















マーキングもあります。

滑りやすい斜面を登ります。


















痩せた尾根道もあります。




















此処が当ルートの終点です。

此処で、4513(箕岡東尾根)ルートと出合い、当ルートの終点となります。

此処を右折すると、旧摩耶ホテルの東の階段が見えます。

階段のところで右にカーブし、ホテルの北側を迅速に通り抜け、

石段を上がると、摩耶ケーブルの山上駅です。

(旧摩耶ホテルの内部への立入は危険です)

分岐点から此処まで、約10分です。








当ルートへの入口の様子です。

先の写真にあるような工事用の機材と、写真右端のトラテープが目印です。















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


東側は山寺尾根、西側は上野道に挟まれた「摩耶東谷」の尾根筋と谷筋ルートを表示しています。当ルート(4563)は、青色で表示しています。

尚、行者滝周辺には多くの地形ポイントが集中していますので、2枚目の地形図を参考にして下さい。




<行者滝の近辺を拡大した地形図です>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 45のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system